苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

amigo amiga (アミーゴ アミーガ)  

今年の3月にオープンして以来、ランチタイムなどは非常に混雑しており、地域から絶大な支持を受け苫小牧市の家庭的イタリアンとして定着した感のあるアミーゴ アミーガへディナーに行って参りました。

IMG_1280_R16.jpg
当日は金曜の夜で4つあるテーブル席は、私たち夫婦を含めて全て埋まっていて相変わらずの人気の程が伺えます。
この店はTwitterやブログなどでメニュー情報を発信しているので、イタリアンがお好きな方はチェックしておくのもいいかも。

IMG_1255_R16.jpg
ビールはサッポクラシック中瓶650円
期間限定の富良野Vintageはホップの香りが華やかなビールです。

IMG_1265_R16.jpg
前菜からエゾシカ肉の田舎風テリーヌ、厚岸産牡蠣の白ワイン蒸しを、パスタからアミーゴ アミーガ特製ミートソース生パスタを、メインディッシュは焼いたホウボウと貝類の軽~い煮込みを注文しました。

IMG_1256_R16.jpg

IMG_1257_R16.jpg

IMG_1258_R16.jpg
アルコールはワインの他に日本酒や焼酎も揃える。

IMG_126111_R16.jpg
エゾシカ肉の田舎風テリーヌ 650円
外側に巻いてあるのはベーコンですかね・・・エゾシカ肉とレバーを一緒にミンチしたもの(だと思います)を包んで焼かれています。 濃厚で少し燻製香を感じさせる野性的な味でした。 マスタードをたっぷりつけて食べると美味しい。

IMG_1262_R16.jpg
厚岸産牡蠣の白ワイン蒸し 1000円
フワッと蒸されています。 これはもう素材なりに当然美味い。

IMG_1263_R16.jpg
白ワインのデキャンタ 1200円
ハウスワインの白をデキャンタで頼みました。 銘柄を聞いたんですが憶えてないです(笑)
キリッとさには欠けててちょっとボヤッとした印象だったのですが、酸味と甘味のバランスはとれていて飲みやすいワインでした。
うちは嫁がビールしか飲めないのでボトルだとさすがに私は飲み切れないのですが、いけるくちの方はリストからボトルワインを選んでみるのもいいでしょうね。 シャブリの結構いい銘柄も用意されていましたよ。

IMG_1271_R16.jpg
アミーゴ アミーガ特製ミートソース生パスタ 1300円
生パスタはディナーメニュー限定らしい。
トロトロになるまで煮こまれた牛のすね肉かホホ肉か・・・ちょっとわかんない(笑) チーズをたっぷり投下してホワイトソースを絡めていただきます。

IMG_1272_R16.jpg

IMG_1273_R16.jpg

IMG_1274_R16.jpg
焼いたホウボウと貝類の軽~い煮込み 1650円
フライパンごときました!
アンチョビの香りが食欲をそそりますね。 ホウボウが丸々1尾入っています。

IMG_1276_R16.jpg

IMG_1277_R16.jpg

スープがね、バツグンに旨いですよ。 アンチョビの濃厚なイノシン酸の旨味にドライトマトの酸味とオリーブオイルのコクが絶妙なバランスで調理されています。 ここのマスターのセンスが光る一品ですな。
このスープの中にパスタぶち込んで食べたい (゚д゚)!

IMG_1269_R16.jpg
オープンから半年以上が経過しましたが、確実に繁盛店まで登りつめましたね。 先程も書きましたが、まさにマスターのセンスが料理だけでなく、店内のインテリアや食器類にも随所にその感性の良さが伺えます。
自虐になってしまうが、苫小牧らしくない垢抜けた感性と家庭的ながらも品の良いサービスが心地いい良い店だと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:イタリアン | 苫小牧駅








スポンサーサイト

category: 苫小牧グルメ

tag: アミーゴアミーガ   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobayujun.blog.fc2.com/tb.php/67-e5121cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア