苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

イワオヌプリ登山  

最初に登山をしたのは苫小牧に転居してきた当初だから、約10年前になりますか。 樽前山でした。 その後、恵庭岳に登り、2~3年の期間を置いて結婚もしたので嫁と一緒に恵庭岳に再度、登山した記憶があります。
特に登山用品など装備もなく、ジーンズに普通の運動靴という格好でリュックも背負わずペットボトルを手に持って登山してましたね。 今から考えると樽前山はいいとしても、恵庭岳によくもそんな装備というか無装備で登ったものだと呆れます。 若いってすばらしい。
さて、月日が経ち、タバコを止めてから激増した体重と加齢に伴う体力低下にも関わらず、またしても登山を始めようという気になりました。 それというのも、らくの混沌とした日々という自分がよく読んでいるブログに、イワオヌプリ登山の記事が投稿されたのがきっかけです。 もちろん、これだけの理由ではなく、すっかりメタボになってしまった身体をなんとかしたいという思いもあったし、もともと自然観察や運動することも好きでした。 なにより登頂した時の達成感は低い山でも格別なものがありますしね。

さて、そんな訳でニセコ連峰イワオヌプリ登山となったのでありますが、前述のブログでは、お父さんが2歳のお子様をおぶさり、小学校低学年のお子様も自力で登頂されていましたので、私たち夫婦も特に何も考えず、下がジャージに上がTシャツで、靴は普段履いている運動靴。 当然登山用のストックなどなく、水はペットボトルに500mlのみ。 近所のコンビニに行くのと同じ格好でしたが、この時は別になんとも思っていなかったんですよね。 若い頃とはまるで体力が違うのにね、、うん、後ですごく後悔しました。

それでは恥ずかしながら山行記録をば・・・・・(登山をしたのは、7月下旬になります)

IMG_1005_R.jpg
ニセコ五色温泉の近くに駐車場がありまして、そこからスタートです。
出発地点の標高がすでに800mくらいでイワオヌプリの山頂が1116mです。 標高差が316mなので、初心者にはうってつけです。

IMG_1007_R.jpg
分岐点には案内板があるので分かりやすく、登山道は整備されている。

IMG_1006_R.jpg
最初は石の階段が続く。 ここで下山者とたくさんすれ違ったのですが、私達のような軽装の方は一人もおらず、最低でもトレッキングシューズは履かれていました。 中には登山用ウェアのカタログから出てきたような方もいまして、これが流行りの山ガールかと、自分達の格好を省みると気恥ずかしい思いをしたものです。

IMG_1010_R.jpg
石段を登り切ると入山届けのポストがあり、目の前には長い階段が・・・家を出たのが遅かった事もあり、ちょうどここには椅子とテーブルが備え付けられていたので、お昼をとることにする。

IMG_1011_R.jpg
食事を終え、登り始めます。

IMG_1014_R.jpg
階段の後は、比較的平坦な道のり。

IMG_1013_R.jpg

IMG_1018_R.jpg
開けた場所にベンチがあったので休憩。 この時点ではまだ余裕。

IMG_1038_R.jpg
ここで大沼へ向かうトレッキングコースと、イワオヌプリ山頂を目指す登山コースに分かれる。

IMG_1019_R.jpg

IMG_1020_R.jpg

IMG_1023_R.jpg
分岐点からはガレ場で勾配もきつくなった。 途端に呼吸が乱れペースをかなり落とし、もってきた水もこの辺で飲みつくしてしまう。 当日はかなり気温が上がり快晴のため直射日光が肌を焼いて、したたる汗でヒリヒリするくらいでした。

IMG_1025_R.jpg

IMG_1027_R.jpg
ガレ場を登り切ると少し平坦に・・・だが、山頂はまだ先。

IMG_1028_R.jpg


IMG_1024_R.jpg
まだ若い火山だけあって、この辺りでもう森林限界。 火山性ガスの臭いも漂う。

IMG_1031_R.jpg
登山口から100分くらいかかって山頂。

IMG_1029_R.jpg

IMG_1036_R.jpg

IMG_1037_R.jpg
大沼が見える。

自分達の軽装に本格的に後悔したのは、下山時でした。 体力をかなり使ってしまっていたというのもあったのだとは思いますが、登ってきた時のガレ場を降りるのがとても困難でした。 写真を撮る余裕もなかったですね。 ストックがないためにバランスを取ることができず、浮石を踏んでしまって足を滑らせる事が何度もありました。 ローカットの運動靴なので足首のホールドも甘く、怪我しても不思議ではなかったです。 若い時分ならいざしらず、体力も筋力も落とした今となっては、最低でもトレッキングシューズ履いていないとお話になりませんな。

下山は70分くらいで、全山行行程で170分でした。 膝がわらってましたが、心地いい疲労感です。 少し夫婦で本格的に登山というか、トレッキングを始めてみようと今回のイワオヌプリ登山で改めて思いました。


IMG_1040_R.jpg
五色温泉 600円
汗を流して、苫小牧への帰途につきます。 ここの露天ってトレッキングコースから丸見えだよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






















スポンサーサイト

category: 登山・トレッキング

tag: イワオヌプリ  五色温泉 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobayujun.blog.fc2.com/tb.php/3-31e348ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア