苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

尻別岳登山  

9/8に尻別岳に登って来ました。 登山道はかつて2つあったのですが、標高差の大きい喜茂別コースは現在閉鎖されています。 留寿都コース登山口から山頂1107.4mまでの標高差は440mほどとなります。
尻別岳羊蹄山のすぐ南東に位置し山容がよく似ており、276号線からの角度で見ると双子山みたいに見えます。 尻別岳のアイヌ名はピンネシリ(雄岳)で、羊蹄山はマチネシリ(雌岳)と言うのだそうですが、何故はるかに小さい尻別岳の方を雄岳というのでしょうか。 ちょっと興味があったのでネットで調べてみたのですが、はっきりとはわかりませんでした。 雌阿寒岳(1499m)と雄阿寒岳(1371m)も同様の関係になっています。
アイヌの人たちは「山は生き物」と考えていたそうなので、大きい山が小さい山を産む→産んだ方は雌というような考えだったのかなと・・・(勝手な推測です)でも生まれた山が雄とは限らないですよね・・・? アイヌ神話や伝承をよく調べたらわかるかも知れませんね。

IMG_0479_R.jpg
前置きが長くなりました(笑)
登山口へはルスツリゾートの裏手を通る257号線から入っていくのですが、案内板がありませんので通り過ぎに注意です。 道道257線の尻別山側はフェンスが張られていて登山口へ向かう林道の所はフェンスが途切れているのが目印になると思います。(てっきり案内板があると思っていたので、私は通りすぎてしまいました)

IMG_0428_R.jpg
林道の入り口にはせん虫防止用の水溜りがあるんですが、これが道道からは見えないんだな。 こいつがあれば正解ですので、登山口へ向かいましょう。

IMG_0430_R.jpg

IMG_0429_R.jpg
駐車場は10台ほどしか駐められなく、9:30に到着した時には道路側にまで登山者の車が溢れていました。

IMG_0431_R.jpg

IMG_0432_R.jpg
登山口からルスツリゾートが見える稜線までは平坦な道程。

IMG_0433_R.jpg
ルスツリゾートが見える地点から山頂までは全て稜線を通っていきます。

IMG_0435_R.jpg

IMG_0441_R.jpg
登山道は石もなく木の根が這うこともなく平坦なので快調に飛ばせます。 南斜面の木は伐採されているので視界は開け、樽前山~白老三山~ホロホロ山~ニセコ連峰までのパノラマが広がっていました。 道が良く景色も素晴らしいので、非常に気分よく進めます。

IMG_0440_R.jpg
登山道がコルへ向かって下りに入ります。

IMG_0442_R.jpg
コルの手前から山頂を見ると・・・激しく急勾配な登山道が見えてきました。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



標高グラフを見れば一目瞭然! コルから山頂まで一気に勾配がきつくなります。 このグラフでコルから山頂までの勾配率を概算で算出すると(1107-715)/1300*100=30.15%となります。 コルから山頂までの距離1300mが正確ではないですが、残り500mくらいから勾配が緩くなる事を考えると私が画像で色をつけた部分は勾配率35~40%くらいになるのではないでしょうか。

IMG_0443_R.jpg
コルを出発した地点。

IMG_0444_R.jpg

IMG_0445_R.jpg
この階段場から、一気にきつくなっていきます。

IMG_0446_R.jpg

IMG_0449_R.jpg
階段場が終わるとガレ場がありますが、これが続く事はなかったです。 勾配はきついですが、あまり危険を感じる事はありませんでした。

IMG_0450_R.jpg
画像だとわかりにくいですが、下で嫁がうずくまってます((´∀`)) 10歩ごとに休憩を取るので、全然進めません(笑)

IMG_0451_R.jpg
あと500mの標識までくると急勾配が終わります。

IMG_0454_R.jpg

IMG_0457_R.jpg

IMG_0459_R.jpg
このあたりから北側に羊蹄山が見えてきます。

IMG_0460_R.jpg
左手に羊蹄山、右手には胆振と倶知安の山並みを望む事ができ景色は素晴らしい山です。

IMG_0461_R.jpg
へばる嫁。 美しい景色も目に入らない様子です。

IMG_0462_R.jpg
急勾配の区間でかなり時間を食い2時間40分かかって登頂しました。 当日は晴天で360度の大パノラマを見ることができ、しばし景色に見惚れます。

IMG_0465_R.jpg

IMG_0471_R.jpg

IMG_0464_R.jpg
パノラマ撮影ができるといいのですが、、、私のコンデジには一発でパノラマを撮れる機能はなく、パノラマ補助?みたいな撮影モードがあるんですけど使い方がよくわかっていません。 そもそも全てAutoで撮っているので、各種撮影モードなんて使ったこともないんですけどね。
ありえない数のトンボが山頂に群がっています。 山に登ったことがある人なら経験あると思うのですが、こいつらなんで山頂にくるんでしょうかね。 この時は有に数百匹あるいは千匹くらいいたかも。 高度はどのくらいまで飛べるんだろう。

IMG_0472_R.jpg
山頂でおにぎりを食べて、コーヒー淹れてまったりして下山しました。
帰り際には山頂は満員御礼。

下山タイムは1時間50分でした。 勾配は急でしたが道が良いので登りと比べて早かったですね。 あの急勾配の箇所がガレ場なんかだと下りも相当時間を取られたと思います。 ただしこの山は当日はもちろんですが、登山日の前日、前々日くらいまでにまとまった雨が降っていたら初心者の方は登るのを止めたほうがいいと思います。
登山道が粘土質の土のため乾いていれば良い道ですが、ぬかるんでいれば相当滑ると思うのであの急勾配の箇所はかなり恐怖心を感じると思います。

IMG_0480_R.jpg
まっかり温泉で汗を流します。 初めて来たのですが、丘陵地帯の畑に囲まれた大きな施設でした。
入湯料500円。

IMG_0485_R.jpg

IMG_0484_R.jpg
露天風呂からは羊蹄山がドーン ━(゚∀゚)━!

IMG_0487_R.jpg

IMG_0488_R.jpg
真狩の道の駅でカロリー補給して苫小牧への帰途につきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






















スポンサーサイト

category: 登山・トレッキング

tag: 尻別岳  まっかり温泉  羊蹄山 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobayujun.blog.fc2.com/tb.php/26-3779b24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア