苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アイヌネギ採り  

DSC_0037_R20170420.jpg

今年もやってまいりました山菜シーズンの幕開けです!
まずはアイヌネギですよね。
僕が愛する隣町白老の某所。 毎年毎年必ず訪れるポイントに行ってきました。

DSC_0044_R20170420.jpg

DSC_0043_R20170420.jpg

アイヌネギは沢のある少しジメジメとした日当たりの良い斜面に群生する植生をもっていますので、滑りやすく滑落事故で死亡する方もおります。
また急斜面であればあるほど競争率は低くなるので上物が多いのも確かです。
僕の場合は急斜面で危険を感じる場合は、一旦ポイントの上方に安全にトラバース的にまきながらハーネスを装着の上、登山ロープとカラビナやエイト環を使って安全を確保して採っています。 (登山用語が多くわかりにくいかもしれませんが要は滑落防止対策をするということです)

刃物を持って滑って自分を刺したら元も子もないですからね。(笑)
釣りでもそうですけどライフジャケットも付けないで高場の磯で釣りをしている方を見ることがありますが、高波がきたら一発でアウトなのに何考えているんだろうと・・・・・。

命をかけて山菜採りや釣りをするもんじゃないですからね。 ほんと。

ま、山菜採りの場合はどうしても熊に出会ってしまう可能性はありますけど、それも爆竹を鳴らしたり鈴を付けたり、時折、笛を吹いたりしてなるべくこちらの存在を熊の方に知ってもらうように僕はしています。

DSC_0045_R20170420.jpg

途中で少し休憩時に持参してきた味噌を沢で洗ったアイヌネギにつけてかぶっと齧りました。
強烈なニンニク臭と共に何とも言えない甘い風味が美味い!! ビール飲みてぇー。(笑)

あとアイヌネギは多年草でして育成にとても時間がかかります。 ↑の写真のように茎がある程度太く二枚葉になるには4~5年かかると言われています。

DSC_0038_R20170420.jpg

DSC_0046_R20170420.jpg

↑の画像は苔むした倒木(こういう所にもアイヌネギはよく生えます)に出ているネギですが一枚葉の若芽です。 これを採ってしまうとその株は死んでしまい、翌年には収穫できなくなります。
僕も昔はその事を知らなくて一定規模の群生地帯を乱獲してしまい、アイヌネギを死滅させてしまった事がありました。
一度枯渇してしまうと周辺の植生(笹など)に負けてしまって二度と生えなくなってしまうそうです。 食べる分だけそして若い物は採らない。 これを守ればアイヌネギは減らないはずです。

DSC_0047_R20170420.jpg

帰宅後は酢味噌にしてビールをガブガブと!
この記事を書いた後にはジンギスカンと共に~~わしわし喰いますぜ!
スポンサーサイト

category: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobayujun.blog.fc2.com/tb.php/216-0bacee85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。