苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

白老町 ポロトの森キャンプ場  

先週末に白老のポロトの森キャンプ場へ一泊してきました。

IMG_2395_R85152.jpg


前回のサヒナキャンプ場での体験から、買い足したものは下記の通り。


キャンパーズコレクション UVヘキサゴンタープ RXG-2UV(BE)キャンパーズコレクション UVヘキサゴンタープ RXG-2UV(BE)
(2012/04/05)
キャンパーズコレクション

商品詳細を見る

やっぱ、タープはいるだろうということでこちらを。 日差しを防いでくれるのは林間地帯なら木陰でもいいんだけど、雨はもちろん夜露から荷物を守るのに役に立ちました。 今回のポロトは木陰になる場所にテントを張れたので、タープはもっぱら荷物置き場として活用しました。


スノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150Aスノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150A
(2012/03/12)
スノーピーク(snow peak)

商品詳細を見る

吊るせるタイプのランタンを購入(笑) やはりテーブル上のランタンだけだと光量が足りず、追加で買う羽目になりました。 大きいの買っとけば1つで済んだのに、これはちょっと失敗だったですね。


ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル収納ケース 683187ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル収納ケース 683187
()
UNIFLAME(ユニフレーム)

商品詳細を見る

これは買い足しというより買い忘れていました。 ファイアグリルを持ち歩くのに便利です。 バックの容積に余裕があるので、火箸とか団扇とか色々入ります。


Coleman(コールマン) スパイスボックス 2000012933Coleman(コールマン) スパイスボックス 2000012933
(2013/01/16)
Coleman(コールマン)

商品詳細を見る

キャンプ場ではバラバラになりがちな調味料をまとめて収納できます。 これは便利でした。


ロゴス(LOGOS) バイオプラント・プレート20cm  81285009ロゴス(LOGOS) バイオプラント・プレート20cm 81285009
(2012/03/16)
ロゴス(LOGOS)

商品詳細を見る

平皿がなかったので2つ購入。


Coleman(コールマン) ミニアルミテーブル 170A5655Coleman(コールマン) ミニアルミテーブル 170A5655
(2012/03/26)
Coleman(コールマン)

商品詳細を見る

前回買ってますが、テーブルが足りないので追加でもう1つ購入。


ロゴス(LOGOS) ランタンフック 71907000ロゴス(LOGOS) ランタンフック 71907000
(2012/03/16)
ロゴス(LOGOS)

商品詳細を見る

ランタンを吊るすのに必要ですね。 ランタンスタンドは買わずにタープのポールに取り付けて使用しました。


ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450 [HTRC 2.1]ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450 [HTRC 2.1]
(2012/04/05)
ソト(SOTO)

商品詳細を見る

炭熾しにいいかなって・・・・。 でもこれは必要ないかも。 新聞紙と乾いた小枝があれば難なく火は熾せるので。


KAKURI スーパー技工替刃式片刃鋸 一般木材用210mm [41138]KAKURI スーパー技工替刃式片刃鋸 一般木材用210mm [41138]
()
KAKURI

商品詳細を見る

薪を自分で調達するのに買いました。 ポロトはキャンプ場内に間伐材がたくさん積まれていて、それを薪にすることが可能なんです。 ギコギコやって薪は現地調達できるようになりました。

結局はなんだかんだでキャンピングライフの初期投資は10万円強になりました。 それでもこれは夫婦2人分の道具で、そんなにこだわった品物でもないから安い部類に入るんじゃないかな。 まだ買ってないシュラフとかもあるし、最終的には15万くらいは必要になるのかも。 登山の道具なんかもそうだけどアウトドアって結構お金かかりますね。

さて、ではキャンプレポートの本題へ戻りませう。

えーーと。 ポロトの森キャンプ場フリーサイトは9:00から受付開始で翌15:00までに撤収すればオッケーな時間に余裕のあるキャンプ計画が組める設定となっています。 サヒナだと13時inの11時outなので設営から撤収の時間を考えると一泊ならあまり時間に余裕がなかったりします。 せっかく日常とは違う環境に来たのだからゆったりしたいですよね。
料金は大人400円子供300円と格安です。 予約もいりませんし、人数分の料金以外に徴収される別料金もありません。
そして、自然がいっぱい。 散策路は広大でウツナイ川という清流もキャンプ場内を流れ、遊び場に困りません。

僕等は10時くらいに受付をして、荷物を搬入しました。 フリーサイトは設営と撤収の時だけサイト内の路上に車を乗り入れることができます。 時間が早めだったのかまだそれほど混んでいなく、場所は選び放題だったので、炊事場と水洗トイレに近くて、予め場内に設置されているテーブルと椅子も利用でき、なおかつ木陰もあるという場所にテントを張ることが出来ました。

IMG_2447_R85152.jpg
こんな感じ。

IMG_2396_R85152.jpg
前日にうちで焼いてきたカンパーニュです。 クープが開かなくてエッジもなく膨らみもいまいちなのは毎度のこと。

IMG_2397_R85152.jpg
シングルストーブでソース焼きそばを作って、パンを切って簡単な昼食です。

食べ終わったら、散策に出かけます。 もう何度となく訪れているポロトの森ですが、季節ごとに色々と楽しませてくれます。 ですが、真夏のこの時期の散策は虫がうざい。 ハッカスプレーをものともしない奴がいるんですよ。 刺したり吸血する虫じゃないんですが、ハッカがまったく効かなくて、肌につくとペタペタ歩きやがる。(笑) しかも集団で一気に来るんだなこれが。 まとわりついたらすぐにプチッと潰してしまうので、奴らの目的がなんなのかはわからないのだけれど、うざい事この上ない。
あの虫なんなんだろうなー。 羽がついてて、クモのすごく小さい感じの形した虫。

IMG_2400_R85152.jpg
キャンプ場から3㌔ほど歩くとウツナイ川の源流へたどり着きます。 ここへ来るのは2回目です。

IMG_2401_R85152.jpg
ちょっと分かりにくいか・・・もっと寄って撮ればよかった。

IMG_2403_R85152.jpg
ここからキャンプ場に引き返すと往復で6㌔程のウォーキングと森林浴が出来ます。 起伏に富んだコースもあったりするので、山道気分を味わいたいならそっちもどうぞ。

IMG_2405_R85152.jpg
おやつ

この後は山海荘へ温泉へ入りに行ったり、ちょっとした買い出しで夕方まで過ごしました。

16時ちょい過ぎから料理開始。

IMG_2416_R85152.jpg
手羽先のにんにく醤油に漬けたのを、ダッチで蒸し焼きにしただけ。 ダッチだとほんとにふっくらと肉が仕上がって美味いなー。

IMG_2418_R85152.jpg
前回のサヒナは据え置きの焚き火コーナーと台があったので、このファイアグリルの出番はなかったのだけど今回は働いてもらった。 使った感想は二人で調理だけの目的ならば七輪が最強だなって改めて思った。 でも七輪だと下の草が熱で枯れてしまうし、焚き火も出来ないしね。 やっぱ総合的にはファイアグリルだね。

酒を呑むうちに日も暮れはじめ焚き火タイムです。

IMG_2420_R85152.jpg
日中にギコギコした間伐材

IMG_2423_R85152.jpg
チーズとかスルメとか適当に炙って飲み続ける。 BGMはSophy Milmanという最近お気に入りの女性ジャスシンガーなんですけど、こういうシーンには合うなー。

IMG_2436_R85152.jpg

19時半くらいから、この時期のポロトではホタルの鑑賞会が開かれています。 せっかくなんで参加して来ました。 参加費は大人200円 子供は知らない(笑)

IMG_2434_R85152.jpg
ビジターセンターで事前に注意事項等の説明を受け鑑賞に向かいます。

カメラフラッシュや懐中電灯を点けることは禁止なので画像がありません。 ホタルの数そのものも非常にこの日は少なく、じっと暗闇に目を凝らして1分ほどの間に1匹光るかどうかってところ。 あと、場所も特別なものではなく駐車場とビジターセンターの間のウツナイ川のところなので、特に鑑賞会に参加する必要性もないような。

テントに戻った後は酒、酒、酒。
このあとダッチで飯を炊いたのですが、大失敗のベチャベチャな飯になってしまった。 水加減は米に対して1.2倍くらい入れたんだけどなー。 だいぶ酔ってたしなんかやったかな。(笑)
持ち込んだ食料を食い散らかして、酒を飲んで酔いつぶれるように就寝となりました。 何時頃に寝たのかもわからない。

翌朝は二日酔い気味だったので、二度寝をして9時ころまで惰眠を貪る。

IMG_2441_R85152.jpg
インスタントのスープとホットドックの朝食を済ませて、昼近くまでぼーっとコーヒーを飲んだり、ダラダラと食器を洗ったり、片付けをしたり・・・。

IMG_2446_R85152.jpg
12時半くらいに撤収しました。 時間が長く使えるし、苫小牧から近くていいね。 あと1~2回は今年中にまた来たい。









スポンサーサイト

category: キャンプ

tag: ポロトの森キャンプ場 
tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは~(^^)
ポロトにホタルの写真を撮りに行こうかと思っていましたが、そろそろシーズンも終わりですね。
本当にポロトは四季折々の楽しみがあっていいですね。
夏もいいですが、春秋も良いです。
春秋はキャンパーの層もガラリと変ってマニアックなテントが並びますよ(笑)

白老は熱い温泉が多いかもしれないですね。
一番熱いのは萩野の宝湯だと思いますのでいつか挑戦してみてください!(笑)
黒くて油臭のする良い湯です。

らく #DXWXWClQ | URL
2013/08/08 20:19 | edit

らくさんへ。

一眼レフならホタルの撮影いけるでしょうねー。 欲しくなっちゃいますけど許可出ないだろうな(笑) 是非にも撮ってきてください。 UP期待してますよ。

晩秋まではキャンプしたいですね。 通年営業のこんなにいいキャンプ場が近くで良かった。 それに安いし(笑)

萩野の宝湯ですか。 ほおおお。 油臭っていうのが心惹かれますね。 次回の白老キャンプでは宝湯に行ってみますね。

kobayujun #- | URL
2013/08/09 07:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobayujun.blog.fc2.com/tb.php/133-26aa45f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア