苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

いずみ亭  

IMG_076312255m5143_R.jpg
柏木町の飲み屋が立ち並ぶ一角にある居酒屋いずみ亭に行ったのは1ヶ月くらい前になります。 SNS上のちょっとしたお付き合いからこの店の事を知ったのですが、ググってみて自分好みの感じだったので行ってきました。

「二人入れますか?」
の第一声に
「入れるけど・・・」
なんとなく取っ付きにくいマスターの第一印象だったが、一つだけ空いていた小上がりに腰を下ろした。

雰囲気とマスターと客のやりとりで常連さんが多いんだなという事にはすぐに気が付いた。 このマスターとても口は悪そうだ。(笑)

IMG_076412255m5143_R.jpg
酢モツとビール
ビールはサッポロクラシックでした! すばらしい、僕の好みです。
店はマスター一人で切り盛りしているようだが、手際がいいのか注文の提供時間に滞りはなく手持ち無沙汰になることはなかった。

IMG_076612255m5143_R.jpg
焼物、刺身、揚物の他になかなか興味をそそられる一品料理の数々。 どれも食べてみたくてかなり迷ってしまう。

IMG_076712255m5143_R.jpg
エビチリ
こんな居酒屋で(失礼)この味は立派です。 エビがみずっぽくないし、ブリブリしてんのね。

IMG_076812255m5143_R.jpg
マスターお勧めの鴨つくね
ハンバーグチックなお味で塩気は酒のあてらしくきつめ。

IMG_077012255m5143_R.jpg
モツ煮だったかな・・・・

IMG_077112255m5143_R.jpg
アジのなめろう
なめろうなんてメニューを見るのはかなり久々です。
画像が本当に酒のあてばかりで申し訳ない。(笑) 実はこの日はSNS上でこの店を知るきっかけとなった方と初顔合わせもして、さらにマスターとも意気投合してしまい、かなり遅くまで痛飲してしまったのです。 他にもなんか料理を頼んだような、サービスで出てきたような気もするのですがすべて撮り忘れてます。

ちょっとクセのあるマスターですが、サービス精神に富んだ面白い人でした。 料理も個性的で味付けもセンスあると思います。
ポークチャップとラーメンを食べにそろそろ再訪しなくては!

いずみ亭

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 糸井駅


スポンサーサイト

category: 苫小牧グルメ

tag: いずみ亭 
tb: 0   cm: 0

なかつ川  

IMG_060312255143_R.jpg
何が美味しいかと聞かれれば、答えに窮するお店だが、普段使いの定食屋に求められるのは安さとボリュームとそれなりの味って事を考えるとかなり優秀なお店だと思う。

IMG_060412255143_R.jpg
※画像の値段は消費増税前のものです

安いでしょ。
チャーメンを注文しました。

IMG_060612255143_R.jpg

IMG_060712255143_R.jpg
味は濃い目かな。 麺の焼き加減は焦げ少なめ・・・いや、焦げなしか。
僕はここのチャーメンには酢をどっぱりとかけてわしゃわしゃ食べます。 むせるくらい酢をかけてしまう。(小さなお子様は真似しないように)
さっと入って飯をかっこんだら楊枝を口にはさんでシーハーしながら勘定を済ませましょう。 そういうお店です。

なかつ川・味処

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:定食・食堂 | 苫小牧駅



category: 苫小牧グルメ

tb: 0   cm: 0

たちばな  

IMG_3340122555143_R.jpg
ラーメン亭 たちばな
これで二度目の訪問になります。 前回はいつだろう・・・5年は経ってるかも。
拓勇住みなもので西側へはほとんど足を踏み入れることがないのです。
幹線道路からは一本外れた住宅街にある目立たない立地ですが、そうとう長く営業してこられているのだと思います。 きっと多くの地域住民に支持されての事でしょう。

IMG_3341122555143_R.jpg
しお、しょうゆ、餃子とライスを注文しました。

IMG_3342122555143_R.jpg

IMG_3343122555143_R.jpg
ハイ、オーソドックスな鶏ガラと野菜が主体のあっさりスープですな。 コクという点では味の深みがいまひとつという印象を受けました。 この系統のスープなら塩味のほうがいいでしょうね。 他のお客さんは大体しおを注文していました。

IMG_3346122555143_R.jpg
中太縮れの西山麺は柔らか目の茹で加減です。 に似てるかな。

IMG_0786122555143_R.jpg
漬物はライスに付くサービスなのでしょうか。 手作りのとても美味しい漬物でしたよ。
あと何やら肉味噌のようなものもサービスで出てきました。 これがなかなかオツな味でして、これなら餃子いらねえじゃんかと。(笑)
手作り感満載の副菜のサービスが嬉しい、アットホームな雰囲気のラーメン屋さんです。 長く営業してる店っていうのはやっぱり何かあるよね。

たちばな

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 錦岡駅




category: 苫小牧グルメ

tag: たちばな 
tb: 0   cm: 2

七条大滝  

七条大滝に行ってきました。

IMG_3461122555143_R.jpg
支笏湖周辺にはたくさんの林道があるので、七条大滝へアクセスするのにも他の林道から入ったり出来るのかも知れません。 苫小牧から行くなら支笏湖通を進み喜茂別へ向かう分岐は曲がらずに支笏湖温泉方面へ直進します。 するとすぐ右手に第一縦断林道のゲートが見えるのでここから入っていくのがいいでしょう。
どのくらい前かはわかりませんが以前はゲートが開いていたそうです。 この林道に限らず、今はほとんどの林道のゲートは閉鎖されていてバイク等の乗り入れも禁止って書かれてますよね。

IMG_3463122555143_R.jpg
仕方ないので歩いていきます。 道幅は広くそんなに凸凹もないので自転車を利用するのもいいかも。

IMG_3464122555143_R.jpg
蕗がたくさんありました。 そうそう、ここに来る途中の支笏湖通には各林道入口に山菜採りの人達がなにやら採取していましたよ。

IMG_3466122555143_R.jpg
最初の分岐を右です。 ここまで七条大滝の案内看板などは一切なし。

IMG_3469122555143_R.jpg

IMG_3470122555143_R.jpg
分岐を右に折れて歩き続けるとやっと滝の案内看板が見えます。

IMG_3474122555143_R.jpg
案内通りに進むと滝へと続く急な下り階段へ出ます。 ここまでくると滝の音も聞こえてくる。

IMG_3477122555143_R.jpg
落差どのくらいかな~20m以内くらい?

IMG_3486122555143_R.jpg

IMG_3490122555143_R.jpg
ゲートから滝までは30分くらいで着くことが出来ます。 苦労したわりに風景にがっかりというネイチャースポットは数々経験していますが、これは短時間のわりにオーバーハングした崖から勢い良く落ちてくる水流が結構な迫力で、しかも滝の裏側から落下してくる水を見上げることも出来ます。
観光地化されてもいないので秘境とも呼べるかもしれません。 歩いて30分の秘境。(笑)

category: 登山・トレッキング

tag: 七条大滝 
tb: 0   cm: 0

拉麺 麺奉行  

IMG_3441122555143_R.jpg
5/12に苫小牧西部にオープンした拉麺 麺奉行に行ってきました。
西側にはあまり行かないので工事の様子を見たわけではないですが、内装を見た感じでは新築という訳ではなさそうです。 多分ですが店舗用ではない建物を改装したんだと思います。

IMG_3442122555143_R.jpg
内装や調度品ともチープです。 正直言って落ち着かないですね。 この手のオープンの仕方は、謎の背景をもった驚きの出店スピードとなんらの予告もなしに突然姿を消した「麺や翔」、「麺や陸」ととても良く似ている。

IMG_3443122555143_R.jpg
ランチセットのAを正油味で注文しました。

IMG_3444122555143_R.jpg
ああ、これね。 この量産型Kタイプね。(笑)
量産型っていうのは冗談ですが、このラーメンには手作り感やオジナルさは微塵も感じられません。

IMG_3446122555143_R.jpg
出汁の風味は一切なし。 化調の甘さと脂と塩気の混合物のようなスープです。 美味しくないわけじゃないんです、ただ、あまりに特徴がないと言うか、極めてフードコート的な無印ラーメンです。 新規の単独店舗としてやっていくにはあまりに力不足なのは、どう客観的に見ても明らかだと思います。
素人が匿名で酷評してしまって大変申し訳ないのですが、この手のラーメンには客はつかないと思う。 ラーメンに限らず味の好みなんて人それぞれなのは当たり前だけど、やはりその店その店のファンっていうのはオリジナルな何かに惹かれて通うものなんじゃないかと思う。

拉麺 麺奉行

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:ラーメン | 錦岡駅


category: 苫小牧グルメ

tag: 麺奉行 
tb: 0   cm: 4

長沼町 ポトリベーカリー  

IMG_3318122555143_R.jpg

IMG_3311122555143_R.jpg
幅の狭い砂利道を走り白樺林を抜けた先の畑の中に目指すパン屋はあった。 11時の開店とともに僕等の他に2組の客が店に入っていった。

IMG_3314122555143_R.jpg
入った瞬間に絵本に書かれたようなパン屋さんだな~と感じた。 パンひとつひとつがとても絵になっている。
粉を練って叩いて発酵させて・・・焼き上げまでの丁寧な作業が目に浮かぶよう。 素人目に見てもとても綺麗なパンだと感じた。

IMG_3316122555143_R.jpg

IMG_3315122555143_R.jpg
魔女のキキが出てきても違和感なさそうだな。(笑)

パンを自分でトレイに運ぶスタイルではなく女性店主に欲しいパンを伝えて取ってもらう。 会計も包装もすべて一人でやっているので、客がいる時にはそれなりに時間が掛かりそうです。
実は前日の14時~15時頃に訪れているのですが、その時は外の看板にパンは売り切れでクッキーのみの販売と案内されていたので一度退散しています。 朝に焼いたパンが売り切れてしまえばそれで販売は終了という事なんだろうと思うので、遠方から来る場合は早めに来店した方がいいかもしれません。

IMG_3320122555143_R.jpg

IMG_3322122555143_R.jpg
カンパーニュ、ライ麦パン、クロワッサン、キャラウェイなんとかの4種を買って、キャンプの昼食にサンドイッチにしたり、夜は焼いたトマトをライ麦パンにのっけてビールのつまみにしたりして食べました。

IMG_3323122555143_R.jpg

IMG_3335122555143_R.jpg
ハード系なんだから当たり前なんですけど皮が硬いです。 特にライ麦パンは登山用の波刃ナイフでゴリゴリと木材でも切っているような感じさえしました。 そしてポトリベーカリーのライ麦パンはどっちりとした少し湿り気があって酸味の強いタイプではないですね。 僕はその手のライ麦パンは苦手なので、ここのライ麦パンのあまりクセのない感じがかなり好みです。

苫小牧から長沼までは車で1時間もかからないので、美味しい野菜とここのライ麦パンを求めてドライブにくる機会が増えそうです。

ポトリベーカリー

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:パン | 長沼町その他


category: 道内グルメ

tag: ポトリベーカリー 
tb: 0   cm: 0

長沼町 マオイ・オートランド その2  

IMG_3318122555143_R.jpg
遊歩道の散策とアイヌネギの採取を終えてあらかじめリサーチしておいたパン屋さんを探しに行きました。 グーグルマップ先生のナビだと少しずれた地点にナビされてしまいました。(笑)
ポトリベーカリーというこのパン屋さんは周りは畑と林しかない僻地にポツンとあります。 後日、別記事にしたいと思うので今回は詳細は割愛します。

IMG_3319122555143_R.jpg
長沼に来てアイヌネギを採ったら、もうこれしか選択肢はないでしょう。 今回は数ある長沼ジンギスカンの中から町外だと知名度はわりと低目?な佐藤精肉店の味付マトンを選択しました。 味付ジンギスカンを食べる時は僕は大抵マトンにしてます。 マトン脂のこってりねっとりした感じが好きなんですよね。

IMG_3325122555143_R.jpg
昼飯はポトリベーカリーで買ってきたカンパーニュでサンドイッチにしました。

IMG_3328122555143_R.jpg
昼食後の買い出しで長沼市街に行った時にすごい人出のソフトクリーム屋さんを発見。 暇なので並んでみる。

IMG_3330122555143_R.jpg
さっぱり味のソフトでした。

IMG_3332122555143_R.jpg
ながぬま温泉にゆっくり浸かった後は早目の酒盛り。 キャンプにくると晩飯は大体16時くらいから始まるのがうちのいつもの流れ。 2人だとやることもそんなにないし、話すこともないので食うか飲むかするしかないっていうね。(笑)
アイヌネギがまいうーでした。

IMG_3334122555143_R.jpg
サンドイッチの材料が余っていたのでジンギスカンのコゲにからめてアイヌネギものっけて焼いてみたら結構これが美味かった。

翌日は早めに撤収してマオイ・オートランドを後にしました。 名水あり美味しい野菜あり、温泉も近くて遊べる所もたくさんあるので良いキャンプ場だと思う。 秋の収穫時期にまた来てみたいです。

category: キャンプ

tb: 0   cm: 0

長沼町 マオイ・オートランド その1  

IMG_3336122555143_R.jpg
長沼町のマオイ・オートランドへ連休中に2連泊してきました。 4月末にもモラップへ1泊キャンプに行っているので今年に入って2回目のキャンプです。 昨年から、にわかキャンパーとしてデビューしたのですが後悔している事がひとつ。 2人でするキャンプなのだからテントは小型でいいよねって思ってました。 夏だけならそれもいいでしょうが春や秋にもキャンプをする場合は夜間はまだまだ冷え込みます。 眠るだけなら寝袋に入ってしまえばOKだけど、キャンプの醍醐味は火を囲んでの飲み食いに尽きると思うんすよ! 去年買ったヘキサタープじゃ夏の日差しは遮れても、夜風の寒さには耐えられないんです。

結局こうなりました。↓↓↓↓

IMG_3327122555143_R.jpg
こんな事なら初めからそういうタイプのテントを買っていれば事済んだのに・・・・。 他のサイトを見てもこの時期からキャンプをする人達のテントは大きななんていうのか・・・モスラのような芋虫型テントが主流となっています。(笑)
僕等のように別々で買ったり、しかもメーカーも違っちゃうとデザイン的、機能的に残念な事になります。(´・ω・`)

さて、マオイ・オートランドはキャンピングカーサイト、スタンダードカーサイト、フリーサイトの3種類のサイトに分かれています。 僕らはフリーサイトにしたのですが他のサイトとの違いはオートキャンプが出来ないことと、電気が使えないことになります。 とは言ってもテントの設営時と撤収時には車を横付けに出来るので、スタンダードサイトを選ぶ方は電源使用が目的なのではないかと推察いたします。
フリーサイトの利用料は1日510円でその他に施設使用料として中学生以上は1020円かかります。 よく整備された綺麗なキャンプ場で、サイトはすべて芝生なのでとても設営しやすく過ごしやすいです。

IMG_3310122555143_R.jpg
1泊毎にすぐ近くにあるながぬま温泉の回数券がタダでもらえます。

IMG_3326122555143_R.jpg
炊事場ではお湯も出ます。 これが実にありがたい!
温泉がサービスでお湯も出るとなると施設使用料の1020円も安く感じてしまう。

2日目の朝は朝食を済ませた後に付近の探索へ出かけます。

IMG_3292122555143_R.jpg
馬追の名水

IMG_3289122555143_R.jpg
個人管理なんだそうです。 募金箱があるので気持ちだけ入れさせてもらってありがたく名水を頂戴しました。

IMG_3294122555143_R.jpg
この水汲み場からすぐ横には遊歩道があり馬追山へちょっとした登山も出来るようです。 時間はたっぷりあるので登ってみることにしました。

IMG_3299122555143_R.jpg

IMG_3295122555143_R.jpg
名水の源流部かも?

IMG_3297122555143_R.jpg
自衛隊の分とん基地が遊歩道のある区域と接しているためにトンネル通らねばならない箇所もあった。 鉄柵があるわけじゃないので普通に通っちゃうとは思いますが・・・・。

馬追山(272m)の頂上近くになると、遊歩道の脇にアイヌネギがたくさん群生していました! 合目で言うと8合目くらいからかな~。 低い場所には一切見当たらなかったのですが、植生なのかそれとも採りやすい場所は採り尽くされて高い場所にしかもう残っていなかったのかは謎。
IMG_3300122555143_R.jpg

IMG_3301122555143_R.jpg
晩のキャンプ飯用に採取しました。

IMG_3303122555143_R.jpg

IMG_3302122555143_R.jpg
長沼の町を望む頂上には無粋な鉄柵が。 これも分とん基地の関係なのでしょうか~??





後半は次回につづく。








category: キャンプ

tb: 0   cm: 0

YAKINIKU DINNER HOUSE MAF 苫小牧店  

IMG_337312255143_R.jpg
あう(;´∀`)
外観撮り忘れた。
え~~とですね、西部劇に出てくる酒場をイメージして下さい。 それをおしゃれにした感じの外観と内装でした。

オープン初日の夜に行ってきたのですが、駐車場に入るなり案内の女性が「予約されていますか? 予約がない場合は40分ほどの待ち時間になりますが・・・」と言われてしまう。 なんと初日で予約とか入れることが出来たのか~うむ、ぬかったわ~。 ホケベルのようなものを渡されてしばし車中で待つことに。
リアッタでこの店のオープンが告知されていて、カルビ食べ比べの無料クーポンやお会計からの割引券があったのを知ったのは次の日の事であった。 そりゃ、混むわな。

ビールはクラシックの他にも樽生が他に2種(海外メーカー)ありました。 瓶ならもっと色々な種類(ギネスとか)も飲めるようです。 ジョッキのサイズはすこし小さめですが390円でした。

IMG_337912255143_R.jpg
MAFカルビー 490円
当店イチオシらしいです。 中落ちは僕らが入った時点で品切れてました。

IMG_338112255143_R.jpg
オープン記念の無料クーポン対象商品なので本来の品質なのか不明です。 味付けは甘く、なんの変哲もない外国産ビーフといった印象です。

IMG_337812255143_R.jpg
牛たん
ドリップなんだか、塩ダレなのかよくわからない汁とともに出されました。 薄くてあまり美味しいとは感じませんでした。

IMG_337712255143_R.jpg
アボカドのシーザーサラダ

IMG_338212255143_R.jpg
牛ホルモン

この日はオープンで混雑している上に店員が不慣れなのも承知で行っていましたから、予想通りに物が来ない&発注ミスが出だしたので追加しても待たされるだけだと、この日はこれで撤退する事にしました。
店の雰囲気やメニューを見ると若い人向けな感じで、メニューをざっと見た限り、メインの焼肉以外にも麺類や飯類は勿論、なんとピザや種々雑多な一品物もありました。 お酒の種類も多いので結構楽しめる店になるかもしれませんね。ただし、もうちょっと落ち着いてから行かれる事をお勧めします。

YAKINIKU DINNER HOUSE MAF 苫小牧店

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:焼肉 | 苫小牧駅


category: 苫小牧グルメ

tb: 0   cm: 0

紋別岳登山 その2  

IMG_335612255143_R.jpg
5/6連休最終日に支笏湖の紋別岳(865.8m)へ登ってきました。
以前にもこの山を紹介しましたが、登山用の装備などなくとも登れてしまうお手軽な山です。 NTTの作業道路を利用させてもらえれば山頂まで勾配率10%程度の緩やかな舗装された道をテクテクと登るだけ。

IMG_334712255143_R12255143_R.jpg
こんな人もいました。

IMG_335812255143_R.jpg
勾配率が小さいので低標高のわりに距離はあります。 しばらく左手に支笏湖を望みながら登山道は続く。

IMG_335912255143_R.jpg
支笏湖から札幌方面へと視界が移ると山頂も近くなってきます。

IMG_336312255143_R.jpg
低くても山ですね。 北側には雪が残っていました。
バイクの人はここでUターンしたのかしら。

IMG_336512255143_R.jpg
70分くらいかかって登頂しました。 頂上は風が強く保温性のインナーと厚手のフリースにレインウェアーの上をウインドブレイカー代わりに羽織っても汗冷えのために寒く感じました。 嫁のほうは脂肪の壁のお陰で薄着でも平気な顔をしていましたが。

家で握ってきたおにぎり2個とコンビニで買ってきた唐揚げと卵焼きをぱくつきながら支笏湖を眺めます。

IMG_079112255143_R.jpg
スニーカーで登れます。 平均的な体力をお持ちなら下りを含めても2時間あれば余裕です。 キャンプ、ドライブなどのついでで登れてしまう山なのでどなたにでもお勧めできます。

category: 登山・トレッキング

tag: 紋別岳 
tb: 0   cm: 0

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア