苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

呑楽  

音羽町に呑龍というラーメン店があったのを知る人はあまりいないと思う。 看板も暖簾もなく夜間のみ営業していたからそれも当然のことではあった。
私もこの店を初めて訪れたのは、食べログで目に止まったからであって自力で見つけた店ではありませんでした。
知る人ぞ知る隠れた名店なのかっ!と思ったら、別に普通のラーメン店だったっていうね・・・(笑) まあ、夜遅くまでやっているので、そういう点では便利でした。 2度ほど利用させてもらいましたが、その後は行く事もなく場所も音羽町の飲食店が集中している一角からは外れていたので通りかかることもなかったんですよね。

そしたらなんと・・・

IMG_1161_R13211.jpg
以前にあったスナックを閉めて、「呑楽」としてリニューアルしていました。 一体いつから開店していたんでしょうか? しかもランチ営業もしています。

IMG_1162_R132.jpg
日替わりランチなんてものもやってます。 以前の呑龍側の扉も開いていますが、どっちに入ってもいいのでしょうかね。 ま、今回は向かって右手の呑楽の扉から入ってみます。

IMG_1163_R132.jpg
スナックの内装そのままですね。 調理は隣の呑龍側でやるみたいです。

IMG_1164_R132.jpg
ラーメンと大衆定番中華のメニューでした。 基本のコンセプトは以前と変わりないようですが、品数は格段に増えています。

本日の日替わりメニューから醤油ラーメンを注文します。

IMG_1166_R132.jpg

IMG_1169_R132.jpg
以前との変更点は特になし・・・いや、ネギが長ネギから小ネギに変更されていますね。 ただ、これが完全変更なのか、たまたま在庫的な問題なのかは(笑)
味的には以前より化学的な風味が薄くなっているとこの日は感じました。 前は塩気とうま味調味料がきつく、食後に喉の渇きをかなり感じていたのですが、この日はそういう感じはしませんでした。
脂の甘みやコクではなく、相変わらず塩気と醤油の風味を強く感じる尖った味わいですが、なかなか悪くありませんでしたね。 美味しくなってると思います。

ちなみに以前の画像

IMG_0579_R132.jpg

IMG_0581_R132.jpg

IMG_0577_R132.jpg

以前のメニューを見ていて気付いたのですが、通常の値段だとラーメンは値上がりしていますね。 日替わりだと500円で食べられるからいいけど(笑) あー、でもひょっとしたら、日替わりのラーメンと通常メニューのラーメンは内容が違うのかな・・・・(違ったとしても大抵は具材だけのことが多いですが)
ランチ営業もしていて、夜は1時まで営業するそうです。 音羽町の中華定食屋ってところですかね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:ラーメン | 苫小牧駅







スポンサーサイト

category: 苫小牧グルメ

tag: 呑龍  呑楽 
tb: 0   cm: 0

食事処 さとう  

むかわ町ぽぽんた市場内に食事のできる店というかスペースがあるのはなんとなく認識はしていました。 ただ、場所的、スペース的にイートインコーナーのようなもので品質もその域を出ないようなものなんだろうと思っていたので、ししゃもの時期にむかわに来てこちらで食事を・・・という発想はまるでありませんでした。
大豊寿司ししゃもの握りでも・・・と思っていたのですが、食べログで検索をかけていてこちらに目が止まり、マイレビュアーである☆流れ星さんの口コミと画像を見てこちらに伺うことに決定。

IMG_1145_R132.jpg

IMG_1144_R132.jpg
10時30分から開店との事なので、朝食を抜いていた事もあり10時20分頃にぽぽんた市場へ入りました。
うは、並んでる(笑) ええー、そんなに人気のお店だったのかーまだお昼には遠いよー(笑)
仕方ない・・・すだれに貼られたメニューでも眺めて並びませう。

IMG_1131_R132.jpg
やす(゚д゚)!

40分ほど待ちましてようやく入れました。
店内はL字型のカウンター席が8席のみです。 お腹も減って随分待ったせいもあり気が立っていたので、座るなりあらかじめ決めていた注文を伝えますが、ちょっと待ってねと諭される。 すいません、お腹が減っているんです(笑)

いくら丼の大もりと魚貝カレーと柳葉魚フライ2本を注文しました。

IMG_1139_R132.jpg
いくら丼500円+大盛り200円=700円
これはすごい(゚д゚)! このボリュームのいくら丼で700円は激安です。 味も質も申し分ないですね~1500円と言われても驚かないと思います。 というかそのくらいの価格で出している店のほうが多いでしょう。

IMG_1140_R132.jpg
ド━(゚Д゚)━ン!!

IMG_1143_R132.jpg
ご飯には鮭のほぐし身が混ぜ込まれています。 鮭の親子丼ですね(*゚∀゚) いや~すばらしい。 味もさることながらこのCPには感動しました。

IMG_1137_R132.jpg
柳葉魚フライ 1本100円
フライ類は作り置きされたものを電熱器で保温していましたので、それなりでした。

IMG_1138_R132.jpg
魚貝カレー400円
400円ですよ、みなさん。 ルウ自体は市販のものを使っていると思いますが、タコ・イカ・ホタテ・ツブ・ホッキが入っている魚貝のエキスが濃い美味しいカレーです。

IMG_1135_R132.jpg
年内の営業は12/16までとのこと。 もう1回行きたい! いや、行く!

いや~参りました。 こんないい店があったとは。 次回は刺身定食か柳葉魚の天ぷら(天ぷらは揚げたてをだすようです)あたり食べたいですね。 この時期のむかわの美味しい店はどこも混みますが、並ぶ価値はあると思いますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:定食・食堂 | 鵡川駅


category: 道内グルメ

tag: むかわ町  ししゃも  食事処さとう 
tb: 0   cm: 0

甘味処 さくら  

甘味処・・・野郎が1人で行くにはかなりハードルが高い。 しかも苫小牧市が誇るグランドホテルニュー王子内なので、近所のコンビニに行く格好では世間様の視線も辛い。 ま、ここはさもさも嫁の付き合いで仕方なく来ましたオーラをケンシロウのごとくまとって行きましょう。

IMG_1148_R132.jpg

IMG_1160_R132.jpg

IMG_1151_R132.jpg
日曜の午後の昼下がりに伺いました。 マダム達がテーブル席を占めていて、カウンターしか空いていませんでした。 ここのカウンターはどうやらお盆にスイーツを並べる作業台として使われていて、我々が座った端のほうには2席分の椅子しかありませんでした。 カチャカチャと目の前でやられるのでちょっと落ち着かない。 テーブル席が埋まっている場合は少し時間を置いてきたほうがいいかも知れません。

IMG_1149_R132.jpg
季節メニュー

IMG_1150_R132.jpg

人気No.1の白玉クリームあんみつとワッフルとコーヒーセットを注文して嫁とシェアします。

IMG_1152_R132.jpg
白玉クリームあんみつ 750円
ああ、美しい(笑)

IMG_1154_R132.jpg
ワッフルと珈琲セット 680円
ワッフルは焼きたてなんでしょうか? 暖かく、バターの香りが漂っています。

IMG_1153_R132.jpg

IMG_1156_R132.jpg

IMG_1159_R132.jpg
あんみつ考えた人は天才だね。

さすがは王子ホテルです、果物の鮮度と熟れ具合は申し分ないですね。 アイスクリームのコク、餡のすっきりとした甘味、果物の酸味の調和がすばらしい。 白玉クリームあんみつ・・・そりゃこんだけ入れれば美味いわっていう感じでしょうか。
ワッフルのセットの方は果物がない分甘さ一辺倒なんですが、鐵釜で沸かしたお湯でゆっくりドリップされたコーヒーと合いますね。 ワッフルも暖かくバターの香りが豊かでワッフルってこんなに美味しいのかと知らされました。 コーヒーとセットで680円はお得な感じがします。

甘味処とされてしまうと男だけでは入りにくい。「喫茶さくら」にしてくんないかな、無理? どうよ王子?(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 苫小牧駅


category: 苫小牧グルメ

tag: 甘味処さくら 
tb: 0   cm: 0

とんとん  

音羽町にある「とんとん」は、ほぼ焼とりメニューだけで勝負しているこじんまりとした室蘭焼き鳥の店です。
実に1年半ぶりの訪問となってしまうのですが、食べログに投稿したりブログなんかをやっていると、どうしても行ったことのない店を優先してしまうようになり、気に入った店でも再訪する間隔が随分と空いてしまいます。

IMG_1105_R13.jpg

IMG_1108_R13.jpg
店内に入ってびっくり、あの老夫婦ではなくお若いご夫婦がカウンターに立たれていた。 聞くと代替わりされたとの事で、あのひょうきんな親父さんに会えなかったのは少し残念ではある。

IMG_1109_R13.jpg

IMG_1106_R13.jpg
本格焼酎の品揃えは少し減ったかな? BGMもJazzに変わっています。 黒板におすすめメニューが書いてあり、以前と変わらなく焼き物以外は肉の刺身に力を入れているようです。

IMG_1114_R131.jpg
樽生はサッポクラシック550円

IMG_1112_R131.jpg
レバー
IMG_1113_R131.jpg
鶏皮
IMG_1115_R131.jpg
青じそささみ
この店の焼き鳥は他と比べるとちょっと小振りなんですけど、肉質も焼き方もいいと思います。 本日のお勧めであるささみなんかは、火を入れるとパサパサになりがちですが、肉内部の水分をしっかり保って焼かれており梅肉のつけタレもよくある既成品の化学的な味ではなく、きっちり梅干しを裏ごしして作った自家製かと思われます。

IMG_1110_R132.jpg

IMG_1111_R132.jpg

IMG_1116_R131.jpg
砂肝刺し
日本酒のぬる燗とともに・・・白髪ねぎを乗せてにんにく醤油でいただきます。 うまい(゚д゚)!

IMG_1117_R132.jpg
ハツ

IMG_1119_R132.jpg
鶏もみじの甘煮
トロトロに煮込まれた足ですね。 歯が丈夫なら骨ごといけます!

IMG_1120_R132.jpg
ぽんじり
ここのぽんじり美味いですよ。 まじお勧めです。 鶏の脂がじゅわーっと・・・(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ

夫婦でビール×6 日本酒×2と画像メニューでお会計は5800円でした。 焼き鳥以外のメニューが少なく店内も広くはないので、色々食べたい方や宴会には向かない店ですがしんみりやるにはいい雰囲気ですよ。 特に焼き鳥が好きな方には是非ともお勧めしたい店です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:焼き鳥 | 苫小牧駅




category: 苫小牧グルメ

tag: 室蘭焼き鳥  とんとん 
tb: 0   cm: 0

樽前山ハイキング 紅葉編  

10/27土曜日に樽前山紅葉を見に出掛けてきました。
当日は終日で晴れの予報であり、日曜日は雨の予報だったのでこの機を逃せません。 苫小牧西口インターを過ぎて錦岡樽前線へ入ります。 この道はモラップキャンプまで抜ける林間道路となっていて、樽前山5合目ゲートから支笏湖までの区間は北海道では珍しい1.5車線の細い道で近年に全舗装されました。登山道を歩くのが面倒くさい方は、この道をドライブするだけでも紅葉は楽しめそうです。

IMG_1026-tile_R13.jpg
錦岡樽前線の紅葉
林道の入口にはきのこ採りの方と思わしき車が駐車されています。

IMG_1034_R13.jpg
10時少し前に5合目ゲートに到着。 ゲートは封鎖中で私たちの前に4台ほど空き待ちしている車がありました。
この時期は登山が目的ではなく、紅葉だけ見て帰る方も多数いるのでゲート前で上の駐車場が空くのを待つのもありです。 私は気が短いのでここに車をおいて歩くことにしました。

IMG_1033_R13.jpg
10分も歩かないうちに下から車が4~5台登って来ました。 (待ってりゃ良かったか~) 嫁の恨み節が後ろから聞こえてきますが、完全無視して速度を上げ距離を離します。

IMG_1043_R13.jpg
ここの側溝ってすごく深くて怖いですよね・・・・過去に脱輪した人とかいるのかな。

IMG_1044_R13.jpg
40分ほどかかって7合目に到着。
西口インターから見た時に樽前山麓一帯は雲がかかっていたので予想はしてましたが、8合目あたりからガスがかかっていて樽前山はまったく見えませんな。

コースは風不死岳と932峰方向へ向かうお花畑コースをとることにします。 このコースはスタートしてからしばらく起伏もほとんどなく、視界も360度開けるのでハイキングにはうってつけのコースです。

IMG_1050_R13.jpg

IMG_1049_R13.jpg
潅木を抜けると、真っ赤に染まったナナカマドが広がっています。

IMG_1062_R13.jpg
樽前山はこんな感じでまったく見えない。

IMG_1057-tile_R13.jpg

IMG_1072_R13.jpg
風不死岳との分岐点
この辺から登り傾斜になってきます。 今回は紅葉見物が目的なので、ガスの中に入らない程度まで登って、景色を眺めることにします。

IMG_1089_R13.jpg

IMG_1081_R13.jpg
こういう写真を撮り慣れていないせいか、光の入り加減で色調がまったく違う感じになってしまう。

IMG_1077_R13.jpg

IMG_1078_R13.jpg

IMG_1093_R13.jpg

今年は9月に入ってからも残暑が続き紅葉は例年よりも2週間ほど遅れたそうなので、もうちょっと支笏湖周辺で紅葉が楽しめそうですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

category: 登山・トレッキング

tag: 樽前山  紅葉   
tb: 0   cm: 2

千歳市 東千歳バーベキュー  

住所は千歳市に入るのですが、感覚的には「えっ、ここ千歳なの?!」という感じの東千歳バーベキューに行って参りました。

IMG_1008_R13.jpg

情報だと18時でラストオーダーになるそうなので、早めに行って混まないうちにさっさと帰ってこようと考えまして、昼食を抜いて15時30分頃に現地に到着しました。
食べログでは営業時間が10時30分~19時となっていたのですが着いた時には準備中になっていました。(日曜日でした)
この時点で他に10名ほどの待ち客がいまして、若い男性グループは腹を空かせた獣よろしく戸口で中を伺っております。 私たち夫婦は出たら喰われるんじゃないかと思ったので車内で待機しておりました。

IMG_0105_R1311.jpg

5分も待たずに開店(・∀・)

IMG_1011_R13.jpg
開店直後の様子。 ブロックが積まれた炉には既に全席分の炭がおこされていました。
むわっとした熱気と煙が室内に充満しています。 秋だというのに室内は真夏のような温度! この店に夏場にきたら、一体どうなってしまうんでしょうか。 クララなら確実に死んでしまうと思います。

IMG_1012_R13.jpg

席は最後尾に案内されまして、注文を聞きに来るまで少し待ってくださいと言われました。 ここの注文方式は少し変わっていて、一度に注文を取ることをしません。 1組ずつ処理していく感じで、後から入ってきた人は席が空いているにもかかわらず案内もされません。 非常に非効率の様な気がするのですが、農家の方がやっている店舗という事なので、一般の飲食店とは勝手が違うようです。

IMG_1014_R13.jpg
バーベキュー×2 ご飯×2 野菜炒め×1を注文しました。

IMG_1015_R13.jpg
この店のバーベキューとは鶏肉の事であり、レッグの部分が1人前で2本運ばれてきます。
ドリップの出方や肉表面の水っぽさから冷凍肉を使用していると思います。(確証はありません、あくまで見た目からの予想です)

IMG_1013_R13.jpg
味付けは店でやってくれます。 画像の遮光瓶に入った白い粉は、塩とうま味調味料の混合物のようで、この店のオリジナルブレンドだと思いますが、常連の方達には「魔法の粉」と呼ばれているらしい。
どうやら、この魔法の粉が味付けの肝のようです。

IMG_1017_R13.jpg
焼き開始! 広げてみるとかなりボリューム感がありますね。
火力が強いので、こまめに様子を見たほうがいいです。 最高の焼き目を目指しましょう。

IMG_1020_R13.jpg
ド━(゚Д゚)━ン!!

IMG_1021_R13.jpg
野菜炒めも登場。 お店で炒めてくれた状態で鉄板ごと席に運んできてくれまして、鶏の脂で美味しく仕上がっていました。 これもすごくボリュームがあるので、うかつに人数分頼んでしまうと食べきれなくなるかも。

IMG_1023_R13.jpg
我慢できなくなったのでビールを追加しました。 飲み物はセルフでビールでもジュースでも冷蔵ケースから自分で席に持ってきます。 冷蔵ケースに入っているとはいえ、室内の熱気のせいでそもそもそんなに冷えていないので、コップに注いだビールはさらに炭の熱ですぐに温くなってしまう(笑)

IMG_1024_R13.jpg
この店の料理は要するにキャンプや庭先で炭火をおこして鶏肉を焼けば誰にでも再現できるものです。 ただし普通に塩コショウのみではなく、うま味調味料をかなり大量に使っているので独特の味付けがクセになります。 また、この手のタイプの店が話題になりやすいのは、僻地にあるため現地にくるまで時間がかかってしまうので、食べるまでに苦労した分を味覚に上乗せしてしまう心理もかなりあるように思います。
ま、あれです。 炭火で肉焼きゃあ美味いって(笑)

IMG_1025_R13.jpg
帰り際の店内は、ほぼ野郎ばっかりの野獣の巣窟と化していました。
煙がすごいので、女性は敬遠しちゃうかも・・・もう人間燻製になっちゃうってくらい燻されます。 服装は破れかかったジャージ推奨です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:焼き鳥 | 三川駅東追分駅


category: 道内グルメ

tag: 東千歳バーベキュー 
tb: 0   cm: 3

麺や 翔  

Twitter上で柏木町にラーメン店がオープンしたらしいとの情報を得まして、早速に行って参りました。

IMG_1007_R13.jpg
苫小牧市民なら知っている人が多いであろう、柏木町1丁目界隈の場末感漂う飲み屋が集まる地区にその店はあります。

IMG_1005_R13.jpg
【麺や ○○】っていう屋号というのでしょうか、店名にこの表記があるラーメン店って各地で最近よく見かけるような・・・流行りなんですかね。 扉の形状から察するにスナックをやっていたところに居抜きではいったのでしょうか。

IMG_0999_R13.jpg

IMG_1000_R131.jpg
店内は小上がりなんかもあって意外に広いです。

IMG_0998_R13.jpg
とりしぼり・特塩という塩味メニューが。 塩推しの店なのかも。

正油ラーメン700円を注文。

IMG_1002_R13.jpg
おお。 美味そうじゃない!
こう言っては失礼なんですが、場所的に酔客相手のセットラーメンぽいもの出されるのかなと思っていたので、出てきたラーメンの見てくれにちょっと驚き。
スープを啜ってみると・・・
圧倒的なうま味ですね。 日本民族の感性が脊髄反射的にうまいと感じてしまう、うま味の濃いスープです。 音羽町にある天和のスープに類似していると個人的には感じます。 具材を一緒にされたら、正油ラーメンでは区別つかないかもってくらい似てる。 脂と塩気のバランスもいいです。

具材は三枚肉を丸く成型した薄切りのチャーシュー、メンマ、斜め切りのネギ、玉子0.5個で、ネギは軟白ネギ使用だと思う。 チャーシューがもうちょい厚切りだといいな(笑)

IMG_1004_R13.jpg
こんな路地裏ではなく表通りなら通りがかりの一見の客が再訪してくれるレベルだと思います。 こちらの地区のほうでは新聞折込とかで開店のアピールとかあったのでしょうか。
こんな場所で、いつのまに、あら美味しい、の三拍子が揃った新店でした。 こういうのってすごく得した気分になれます。

北広島市に同名のラーメン店があるようですが、無関係との事でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:ラーメン | 糸井駅




category: 苫小牧グルメ

tag: 麺や翔 
tb: 0   cm: 0

はんかちの木  

私のブログとリンクさせてもらっている苫小牧のグルメ食べ歩き/トーマスの外食ブログの前回記事を読んで久々に衝撃が走った(@_@;)
(すごいボリュームと内容の日替わり弁当だな・・・これは是非にも行きたい)

IMG_0997_R13.jpg

はんかちの木」は新富町にあり、苫小牧日翔病院と大成大通りを挟んで隣接している。
外観は普通の喫茶店で、日替わりやってますとか、ランチあるよ的なアピールは一切なし。 事前情報がなければ、昼食にこの喫茶店に寄ろうかなどとは決して思わないと思う。

IMG_0988__R13.jpg
12時ちょっと過ぎて入店しまして、1人だったのでカウンター席の奥に座りました。 店内は5割ほど席が埋まっていたでしょうか、女性従業員の方が2人で切り盛りされているようです。
日替わり弁当の事しか頭になかったので、メニューを見ることもなく注文を告げました。 「お弁当でいいですか?」と聞かれたので他にも日替わりメニューはあるのかもしれない。 メニュー見ておけばよかったな~。

他のお客さんも全員が食事メニューを注文していたらしく、弁当が出てくるのには15分~20分ほど掛かったかも知れません。 私の後にもお客は4人ほど入って来まして調理担当の方はとても忙しそうでした。
店内の会話から察するに常連の方が多いみたいです。 店員の方との会話も極めてフランクな感じで、私の後方に座っていたおじさんグループなんかは、特殊な注文のされ方をしていましたので常連だと色々と融通の聞くお店なのでしょうかね。

IMG_0989_R13.jpg
きた~。 でかいです(笑)
トーマスさんのブログの内容と見比べると、副菜が変わっていますね。 主菜のメンチは同じだと思う。
↓以下内容

メンチカツ
ポテトサラダ
ひじきの煮物
サラダ
鱈の子とこんにゃくの煮物
煮しめ
胡瓜なます
鮭の塩焼き0.5切れ
豚肉の肉じゃが
漬物

IMG_0990_R13.jpg

IMG_0991_R13.jpg

IMG_0992_R13.jpg

IMG_0994_R13.jpg
これだけの品数があるにもかかわらず、どれ1つとして手抜きがない。 定食屋さんなどでも小鉢を出して品数を多く出すところが増えてきていますが、喫茶や町の定食屋さんでここまでの品数は見たことがない。 品数出すお店の中には正直言って、数優先で内容がいまひとつな事もあるのだけど、ここはどれもが美味しい。
この内容とボリュームで800円は非常にお得だと思う。 いや、絶対にお得です。
主菜のメンチはトーマスさんと同じ感想になってしまうが、揚げ具合がよく中は肉汁溢れる非常に美味しいメンチで、専門店にも負けていないですね。 それと栄養学とかあまりわからないけど、この弁当は素人目にもバランスがとれているように見えます。

ボリュームなんですが・・・・かなり多いです。 女性だと食べきるのはきついのではないかと思いますが、女性2人できていた方達は食べ残したものを折に入れて持ち帰っていました。
私は普段ご飯とおかずのペース配分を見誤る事はなく、一目見ただけで、口に運ぶ量を最適に調整できる特殊能力をもっていると自負しているのですが、この店には通用しませんでした。
がんばったのだけど、おかずだけが大量に余ってしまう大惨事。 見兼ねたのかお店の人から「ご飯足りてますか?」と聞かれるが、ここでご飯足してもらっても今度は全量食べきれないような気がするので、丁重にお断りさせていただく。 なんとか完食したもののベルトの穴は1つ調整した(笑)

食べ終えると、お店の方から「ご苦労様でした。 他にもたくさんメニューがありますので、またお越しください。」とのアナウンスがあった。 メニュー見ないで注文したのに初回と見抜かれているところを見ると、やはり常連客が多い店なんだろう。
会計を済ませて出ようとすると「今、鍵開けますからね」と言われた。 え? 鍵?
「うちの店、混んでくると鍵閉めるんです」との説明。
満員という訳でもなかったのだけど、どうやらランチ時間には鍵を閉めて人数を調整というか、混んでる時にきても客を待たせるくらいなら閉めてしまえという事なのだろう。 常連の人たちは鍵が閉まっていても入れる方法があるのかもね。

非常にCPが高い店なんだけど、提供されるまでの時間がかかってしまうのと、食べるのにもある程度の時間は要するので、パッと食べて帰りたい人には不向きか。 混んでいると鍵がかかるというのも初心者にはきつそう(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:喫茶店 | 青葉駅




category: 苫小牧グルメ

tag: はんかちの木   
tb: 0   cm: 0

インクラの滝  

かつては滝直下まで行けたのですが、いつだったか落石の危険があるため通行禁止になってしまい、その後も通行禁止が解除されないまま、現在は迂回路を作って見晴台から眺めるだけになってしまったインクラの滝
私は通行禁止になる以前に1度だけ滝直下まで行ったのですが、滝近くになると遊歩道などというものではなく、大きな岩を這い上がって進んだ記憶があります。 なるほど確かに滝の下には崩落してきたと思われる巨石がゴロゴロしていましたので、この辺の地質は非常に脆いものなんでしょう。

インクラの滝駐車場へは36号線の白老町社台から入っていきます。 元気屋というラーメン店の近くで案内看板もあります。 そこから結構走りまして、20分前後くらいで駐車場につくと思います。

IMG_1111_R13.jpg
駐車場から遊歩道へ降りると、別々川を遡るように遊歩道が続いています。

IMG_1112_R13.jpg

cats122.jpg
途中にある治山ダム

IMG_1113_R13.jpg
かつてはこの看板を直進して滝直下までいけました。 現在は笹刈りも行われていなく立入禁止となっています。

IMG_1114_R13.jpg
新設された見晴台までは階段が作られていてとても歩きやすいです。
駐車場から10~20分も歩けば・・・・

IMG_1115_R13.jpg
見晴台に到着。 遠くに滝も見えます。

IMG_1117_R13.jpg
8倍ズーム
インクラの滝とは木材を運ぶインクラインがこの地にあったことから名付けられたそうです。 日本の滝百選にも選ばれている名瀑であります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


より大きな地図で インクラの滝 を表示

category: 地域情報

tag: インクラの滝  別々川  日本の滝百選 
tb: 0   cm: 0

SUBWAY イオンモール苫小牧店  

イオンモールの中にあって、私の見る限りではあまりお客さんが入っている様子はないなという印象のサブウェイを初体験してきました。 なんとおっさんが1人でです。

IMG_0975_R131.jpg

IMG_0976_R13.jpg

店内は明るく綺麗ですね。 伺ったのは昼時はとっくに過ぎた14時くらいだったでしょうか。
注文カウンター前には、イオン内で仕事をしていると思わしき女性の方が私の前に2人並んでいます。
注文方法に聞き耳を立てていると、どうやらパンの種類から野菜の盛り方、そしてドレッシングなどを個々の趣向に合わせてオーダーできるようです。 ちょっとおじさんには無理そうです。

IMG_0979_R13.jpg
お客さんから細かいオーダーを聞きながら、サンドイッチを作る従業員のお姉さん。
なんだか緊張してきました。

IMG_0980_R13.jpg
オ、オリーブたっぷり・・とか言ったら、もこみちっぽく見えるのだろうか。

IMG_0981_R13.jpg
う~む。

店 「ご注文をお伺いいたします」
私 「すいません、わからないのでお勧めでお願いします」
店 「はい。 ベースはどのように致しますか?」
私 「それも、おまかせします」
店 「え・・はい・・では本日の○△✕セットに致しますね」

華麗にオーダーを済ませ、飲み物に普段は見向きもしないダイエットコーラを選択して席につく。

IMG_0983_R13.jpg
ハムのサンドイッチ

IMG_0982_R13.jpg
アップ

IMG_0985_R13.jpg
さらにアップ

野菜がシャキシャキですね。 ハムも申し訳程度しか入っていないコンビニハムサンドから比べると、食べごたえがあります。 ドレッシングはたぶん、オイル&ビネガーというやつだと思うのですが、あれですね、ハンバーガーにありがちなマヨ系ソースから比べると、非常に淡白なんだけど素材がいいので飽きずに食べられました。
全体的にボリュームは男目線だと物足りないですね。 ポテト追加しても足りない。 かと言って2個食べるのはさすがに飽きそう。

偏見かも知れないけど、ここは女性向け、それも20~40代くらいの大人な女性向けの店って感じがします。
カロリーも全部表記されていまして、サンド1つと低カロリー飲料のセットなら1食500kcal以下で済みそうですし、そういう点でも女性受けしそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:サンドイッチ | 苫小牧駅


category: 苫小牧グルメ

tag: サブウェイ  SUBWAY   
tb: 0   cm: 0

飯や うちごはん  

どっかのテレビ番組みたいな店名の定食屋が出来たなと思ったのは、調べてみたら去年の今ごろ。
ここのカレーが気に入っちゃって、カレーが食べたいなと思い立ったら候補には必ず入ってます。
安倍自民党総裁が3500円のカツカレーを食べて話題になってたので、カツカレーを食べにいってきました。
お金持ってる人はジャンジャン使っていいよね(笑) 鳩山くんとかお母さんからお小遣いもらってるんだから、苫小牧にきたらパーッと1億くらい使って欲しいもんだ。

IMG_0927_R13.jpg

IMG_0928_R13.jpg
開店からメニューの変更はあまりない。
車もよく停まっていのを見るし、お店の雰囲気もいい。 1年経ったけど安定して営業しているように見えます。

IMG_0931_R13.jpg

IMG_0932_R13.jpg

IMG_0929_R13.jpg
カツカレー850円
小麦粉をよく炒って、ブイヨン使って煮込みましたという欧風カレーだと思います。たぶん。
食べてから時間差で辛さがジワジワくる。 結構辛くて、顔に汗ががが・・・Σ(´∀`;)
うまい! コクもある! 辛いがどんどんスプーンが進む。

IMG_0930_R13.jpg
カツカレーを考えた人って天才だよね。

前回から半年くらい期間が空いちゃったんだけど、食後にコーヒーが出なくなってた(笑)
そもそも、食後のコーヒーは100円とメニューに書いてあるんだけどね。 なんか最初の頃はサービスで出てたんだよね。 100円だし、次回からは注文しよう。

↓過去にこの店で食べたもの。

IMG_0105_R13.jpg

IMG_0106_R13.jpg

IMG_0102_R13.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:とんかつ | 沼ノ端駅






category: 苫小牧グルメ

tag: 飯やうちごはん 
tb: 0   cm: 0

苫小牧新鮮魚市場  

表町の駅前通りにある魚介をメインにした居酒屋「苫小牧新鮮魚市場」へ初めて行って来ました。

IMG_0959_R13.jpg
BGMのド演歌が店外にもスピーカーで流されています。

IMG_0943_R13.jpg
樽生はサッポロクラシック480円。 わたしは自宅でもクラシックを愛飲しているので、贔屓しちゃうんだけどクラシックは美味いね(^-^) 飲み屋の樽生って圧倒的にスーパードライのシェアが高いと思うんだけど(特に樽生の価格が安い店では顕著)なんかあるんですかね。 教えて業界の人!(笑)

IMG_0945_R13.jpg
本日のおすすめメニュー
超々特大しまホッケ2079円て、どんだけでかいんでしょうか。

IMG_0947_R13.jpg
活〆しまソイのお刺身
もちもちコリッとした食感で鮮度の良さを伺わせますね。 わさびは本わさびでした。

IMG_0948_R13.jpg
塩辛
これ100円です。 100円のメニューというのが用意されていて、全部で5~6品はありました。
量もたっぷり、ワタの臭みもしっかり抜けている美味しい塩辛でした。

IMG_0949_R13.jpg
唐揚げ
にんにくと生姜の風味はあまりなかったかな。 漬けタレになんかコクのあるもの使ってそうな感じなんだけど、よくわかんない(笑) 皮目パリっと中ジューシーで基本のしっかりした唐揚げでした。

IMG_0950_R13.jpg

IMG_0946_R13.jpg
お客さんが結構はいってまして、8割方は埋まってましたね。 ネクタイをしめたお勤め帰りの方が多く見受けられました。
店内の調度はオール木!って感じ。 椅子は酒瓶入れのケースを逆さまにして座布団つけたようなやつなんだけど、座り心地は悪くないです。

IMG_0951_R131.jpg
鯖棒ずし

IMG_0955_R13.jpg
鯖の身の厚みはいまひとつで作りたてでしょうね、酢飯と身が慣れていない感じがしました。
居酒屋ですからね環境的に仕方ないでしょう。 ただ、味付けは酢と砂糖を強く効かせた関西の押し寿司風で美味しかった。 この店、調理方法の基本がしっかりしてるみたい。

IMG_0953_R13.jpg

地酒は道内の酒蔵ばかりを揃えていて、480円からあります。

IMG_0956_R13.jpg
男山酒造(旭川) 国稀酒造(増毛) 小林酒造(栗山) 碓氷酒造(根室)

IMG_0958_R13.jpg
玉子焼き
出汁巻きにより近いような・・・箸を入れると、じゅわっと出汁が染み出します。 たぶん、なんかの魚介エキス入り。

IMG_0957_R13.jpg
アラ汁とおにぎり
魚のアラが焼かれていまして、香ばしいですね。 〆にご飯を食べるなら、このアラ汁お勧めします。


夫婦で樽生×6 お通し×2 日本酒×2と画像メニューを食べまして、お会計は8400円也。
たぶん生鮮品に冷凍ものとかは使っていないんじゃないでしょうか。 どれを食べても大外れってことはなさそうです。 調理方法もきっちりしていて大衆居酒屋とは掲げてはいますが、金額的にももうちょっと上のランクだと思う。 店内の雰囲気はド演歌が流れる大衆居酒屋ですがね(笑) いい店だと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:居酒屋 | 苫小牧駅

category: 苫小牧グルメ

tag: 苫小牧新鮮魚市場 
tb: 0   cm: 0

風不死岳登山  

9/17に嫁の体調不良で途中下山してしまった、風不死岳にリベンジしてきました。 登ったのは10/07連休の中日でした。
今回はひょっとしたら紅葉の走りが見られるかもという事で、支笏湖側から登る北尾根コースではなく樽前山7合目ヒュッテからお花畑コースを行く事にしたのですが・・・・

IMG_0723_R13.jpg
でた~(笑) 7合目に向かう道路が封鎖されてます。 ここについたのが08時ちょっと前くらい。 連休だったし天気もよかったので、みんな狙ってたんですね。 もう30分早ければってところかな(TOT)
この場合は封鎖ゲート付近に駐車をして、砂利道の車道を徒歩で登っていく訳ですが、私達は支笏湖側へ出て北尾根コースを登る事にします。

IMG_0725_R13.jpg
北尾根コースの入り口は注意が必要です。 看板が小さく分かり難いので通り越してしまいそうになります。(私は今回も通り越してしまいました)
アーーーーンド! 側溝が深いです。 ゆっくり減速というか、クリープで進みながらブレーキを小刻みにかけて微速前進しましょう。 じゃないと間違いなく車の腹を擦ってしまいますよ。 側溝を越えてからも道は悪いので、車高を低くしているような車は他の駐車場へいきましょう。

IMG_0726_R13.jpg
↑これが入り口の看板。 わかるかボケってくらい小さい。

IMG_0727_R13.jpg

IMG_0728_R13.jpg
スタート地点は森林管理者用の作業道のゲートを通ります。 北尾根コースは0合目から登ることになり、ここで標高は308mくらい。 風不死岳は1102.4mなので標高差は794mという事になります。



IMG_0730_R13.jpg
作業道を進むとシマリスのお出迎え。

IMG_0732_R13.jpg
作業道と登山道の分岐地点。

IMG_0733_R13.jpg

IMG_0735_R13.jpg
8合目くらいまでは、ひたすらこんな感じの直登が続きます。 余計な起伏は一切ないので、どんどん標高を稼いでいきます。 気温は15℃くらいかな・・・夏に比べると体力をあまり消耗しないで済みますね。 気温でこんなに消耗度が違うとは思っていませんでした。

IMG_0736_R13.jpg
森林の中なので景色はいまいち。 北尾根側は紅葉もなし。

景色も紅葉もなかったけど、きのこはいっぱいでした。
では、きのこショーでもどうぞ。

IMG_0737_R13.jpg

IMG_0738_R13.jpg

IMG_0739_R13.jpg

IMG_0741_R13.jpg

IMG_0744_R13.jpg
名前とかはさっぱり・・・食べられるきのこなんだろうか(・・?

IMG_0745_R13.jpg

IMG_0773_R13.jpg

IMG_0747_R13.jpg
1時間くらいで6合目にきた。

IMG_0748_R13.jpg
さっきよりは後ろの支笏湖の見える範囲も大きくなる。
IMG_0749_R13.jpg
6合目から上は森の様子も随分と変わってきて、潅木&本数も少なめ。

IMG_0750_R13.jpg

IMG_0752_R13.jpg
8合目を過ぎると登山道は険しさを増し、トラロープの張られた箇所が連発してくる。 どうやら北尾根コースの核心に入ったらしい。

IMG_0755_R13.jpg

IMG_0756_R13.jpg
ガレなどはないので足場は安定している。 ロープを使いながらの登りは楽しく、集中しているせいか時間を忘れて夢中になって登れた。

IMG_0760_R13.jpg
9合目に入ると突然に視界が開ける。

IMG_0763_R13.jpg
笹に覆われた登山道の先が風不死岳山頂だ。

IMG_0762_R13.jpg
支笏湖ブルー。
晴れた秋空より深い青。
空気が澄んでいるので、恵庭岳山頂の尖った輪郭がはっきり見え、遠くには後方羊蹄山と尻別岳も望める。

IMG_0764_R13.jpg
フップシとはアイヌ語で【トドマツのあるところ】という意味らしい。
アイヌ語に漢字を当てる時はアイヌ語の意味を無視した当て字なわけですが、なんでまた死なんて縁起でもない文字を使ったのでしょうかね。 それにこの赤字にこの字体・・絶対ねらってるよね(笑)

IMG_0767_R13.jpg
2時間30分かかって登頂しまして、この時の時刻は11時くらいだったのですが、山頂は満員御礼でした。
早かったのですがお弁当を隅のほうで広げさせてもらい、後続の方が樽前山方向からどんどん来るのが見えたので、あまり景色を楽しむ事もなく早々に下山する事にします。
IMG_0770_R13.jpg
写真ではわかりにくいですが、苫小牧市街が見え王子製紙の煙突もはっきりとわかりましたよ。

下山タイムは2時間くらいでした。 標高差700m↑は嫁にはちょっときついかなと思っていたのですが、かなり余裕だったようです。 やはり気温が低いと体力的には楽ですな。
ただし、これからの登山は私達夫婦が登る山程度では遭難まではいきませんけど、2000m級の山の場合は標高の高い地点で悪天候に見舞われると、低体温症で下手をすると死亡してしまう事故が毎年のように起こっていますよね。 大体の事故が軽装で無謀な計画の上に、自分の体力を過信している方が多いと聞きます。 低山だからといって舐めてかかると大変な事になるので注意したいものです。 1000m登ると気温は6℃、2000mなら12℃下がります。 普段の生活圏とはまるで気候条件が違うのだということ肝に銘じましょう。

あれ。 プロの登山ガイドみたいな事言ってる。 ちょっと恥ずかしい。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









category: 登山・トレッキング

tag: 風不死岳 
tb: 0   cm: 0

白老町 三春  

虎杖浜には名店が多い。(個人の感想です)
昼時ともなれば、いつも混雑しているお店、三春に昼食に寄りました。

IMG_0886_R13.jpg

IMG_0887_R13.jpg
いつもテーブル席に案内されていたのですが、この日は既にいっぱいで初めて座敷に案内されました。 虎杖浜らしくオーシャンビューとなっております。

IMG_0888_R13.jpg
おや。(つд⊂)ゴシゴシ メニューに異変が。
お寿司のメニューが生ちらし1品のみになっていました。 前は鉄火丼とか巻き物もあったのですけどね。 テーブルにはこのメニューしか置かれていなかったので、以前にはあったお寿司以外の1品料理メニュー等もなく、どうやらほぼ天丼に特化した模様です。 私はランチしか来たことがないので夜はわかりませんけどね。

IMG_0894_R13.jpg
あ。 天丼の店ってなってる(笑)

えび天丼とえび・穴子天丼を注文いたします。 どちらも840円也。

IMG_0892_R13.jpg

IMG_0890_R13.jpg
えび・穴子天丼

えび3本と大きい穴子。
味噌汁の油揚げは焼き目が入って香ばしく仕上がっています。
さっくり揚がっていて、中身はしっとり。 タレの甘辛度も掛け具合もばっちりです。 これで840円は本当にお得だと思う。 そりゃ混むわという感じですが、虎杖浜は冒頭にも言った通り名店が多いので、他店にもいい具合に客が分散してあまり待たされるという事はない。

IMG_0891_R13.jpg
えび天丼

IMG_0893_R13.jpg
いやもうほんと、うまいっす。
高級店で天ぷらを食べたことはないですが、わたしゃここの天丼で十分幸せです。 ここでいいよもう(笑)
というくらいCPの高い店だと思います。 虎杖浜にきたら三春。 お勧めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:寿司 | 虎杖浜駅


category: 道内グルメ

tag: 白老  虎杖浜  三春  天丼 
tb: 0   cm: 0

白老 赤富士荘  

白老町虎杖浜にある民宿赤富士荘で日帰り入浴を利用してきました。 国道沿いに立っていて、赤い看板の文字が目立ちます。

IMG_0912_R13.jpg

IMG_0913_R13.jpg
正面玄関には靴が整理されていない状態で脱ぎ捨てられています。 土木工事関係者などの短期滞在者用の宿なのかも知れませんね。 素泊まりは2000円だそうです。日帰り入浴は300円。

受付のおばさんに2人ですと告げると、「女湯には誰も入っていないから、一緒に入るかい?」と言われました。
祝日の昼くらいだったのですが、夫婦で貸切にさせてもらう事にします。 あまり日帰り客は来ないのかな。

IMG_0914_R13.jpg
脱衣所は2人いれば窮屈なくらい。

IMG_0920_R13.jpg
浴槽は2つに分かれていて、手前が高温で奥が適温でした。 浴槽の広さは3人も入れば満員になるくらいです。

IMG_0917_R13.jpg
無色透明でぬるぬるしたお湯です。 ぬるぬる度は低目。

IMG_0921_R13.jpg
洗い場にはシャンプー・リンス・ボディソープが備え付け。
ちょっと不潔というか清掃が行き届いていなく、前の客が残したものなのか安全カミソリが残っていたり、清掃用の道具がそのまま浴場内に置かれています。 建物の古さとかはまったく気にしませんけど、こういうのはちょっと嫌な感じがしますね。

IMG_0919_R13.jpg
赤富士のペンキ絵
奥に扉があるので開けてみると、浴槽らしきものがあったのですが、お湯は張っていなくて物置部屋のようになっていました。

IMG_0926_R13.jpg
休憩所のようなところ

古いゲーム機のテーブルの上に調味料が置かれていてガラス面には食べこぼしの跡も。 建物全体にちょっと不潔な感じがしますね。 空気もなんとなく珍味のような臭気が漂っています。

IMG_0925_R13.jpg

IMG_0924_R13.jpg
ナトリウム塩化物泉(アルカリ性低張性高温泉) 源泉湧出温度は47℃くらい。 帰りがけにお湯の事を色々聞こうと思ったのですが、受付は無人で入湯料入れの箱が置いてあるだけでした(笑) 加水なしの掛け流しだとは思うのですが、はっきりとはわかりません。
休日の昼間に貸切出来てしまう穴場度&融通度が高いですが、不潔なのは浴場としてはかなりマイナスイメージですね。 300円と安いですが、白老は他にも300円で入れる温泉がたくさんあるしね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:旅館 | 虎杖浜駅


category: 地域情報

tag: 民宿赤富士荘  白老   
tb: 0   cm: 0

備長炭焼鳥 やき鳥  

IMG_0785_R13.jpg
やき鳥(やきちょう)明野新町店に行って来ました。 2年ぶりくらい、2回目ですね。

例によってリアッタ(苫小牧の飲食店等を紹介した小冊子)のクーポン券で10月はビールが250円になるという事だったので、久々に行ってみようかということになりました。

IMG_0788_R13.jpg
↑はリアッタを撮影したものです。 10月限定イベントの1つとして生ビールが250円と明記されています。

IMG_0779_R13.jpg
席についてビールを注文しながら、フードメニューを選んでいて壁に貼られている10月のイベント情報を見ると、なんとビールが250円になるのは平日のみとの事だそうです。
リアッタのほうにはそういう条件付きだとは書いていません。 ただ単に10月限定イベントの1つとして生ビール1杯が250円と書かれているだけです。 伺った日は日曜日なので通常価格の450円になりました。
こういう書き方どうなんでしょうか。 明らかに錯誤させる目的で・・・とまでは言いませんよ。 でも、ちょっと店まで行って新たな条件があるとか言われてもね。 貧乏くさいですけど、こういうの嫌いなんですよ。

さて、気を取り直して食べますか。
前回行った時の感想は正直言って何もないんですよね。 店の雰囲気は覚えていても、内容はさっぱり記憶していませんでした。

IMG_0776_R13.jpg
10月限定イベントの1つで、1組で1度だけ100円で食べられる中トロ握り。
他のお客さんもみんな頼んでいましたね。 うん、美味しかったです。

IMG_0781_R13.jpg
ここのメニューはかなり膨大な数で撮影はしなかったので、品名と値段はかなり適当に言っちゃってます。
ウニの大盛り焼き900円くらい。 表面は焼いていても中は生に近いとろっとしたものを予想していたのですが、しっかり火の通ったボソボソとした食感でした。 味・香りともに弱くいまひとつ。

IMG_0780_R13.jpg
キスの天ぷら500円。 さっくり揚がっていましたが、キスの味が薄いですね。 ただ、値段を考えるとボリュームもそれなりなので、お得感はあります。

IMG_0778_R13.jpg
自家製しめ鯖 値段忘れました。 脂があってGOOD! 握りでも食べたい味です。

IMG_0782_R13.jpg
馬刺し 650円くらい。
素材なりに美味しい。 ニンニクと生姜のおろし付き。

IMG_0783_R13.jpg
玉子焼き 値段忘れました。
成型しないオムレツですね。 バターの風味でネギの具。

17時ちょっと過ぎに入ったのですが、ここまで食べ進めていて小一時間くらい経過したでしょうか。 お客さんがどんどん入ってきます。 お子様を含めた家族連れが大変多く、最後の方は待合席に座っている方も・・・。
う~む。 なんでこんなに混むんだろう??
大変失礼ですが特に美味しいとか、ボリュームがあるとか、値段が安いという店ではありません。 ここまで混む理由が見当たらないし、なんでこんなにお子様が多いのだろう・・・・ファミレスでもあるまいし。

考えながら追加メニューを眺めていると、理由がわかりました(゚д゚)!

IMG_0784_R13.jpg
お子様セット100円!
ご飯・揚げ物・サラダ・デザート・ドリンク5点でこの価格は安い。 これは小さなお子様のいるご家庭にはうけるでしょうね。



やき鳥という店名なくらいなんだから、焼鳥がメインなのかとも思うのですが、確か前回は焼鳥も食べているはずなのに焼き物にはあまり印象が残っていません。 メニュー構成もざっと見た感じは非常に数が多く、的を絞れていない感じがしました。 もうちょっと品数を絞って品質を上げたほうがいいような気もします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連ランキング:焼き鳥 | 苫小牧駅


category: 苫小牧グルメ

tag: やき鳥  明野新町  リアッタ 
tb: 0   cm: 0

ウヨロ川 サケの遡上  

白老町にあるウヨロ川へサケの遡上を見に行きました。 ウヨロ川の周辺は全長15㎞ほどのフットパスがウヨロ環境トラストというNPO法人によって整備されており、トラストの森やエコの森といった里山づくりにも力を入れているそうです。 くわしくはこちらのサイトを参考にして下さい。

trustmap_s.gif

イーハトーブ・オーシャンファームの駐車場に車をおき、ウヨロ川右岸を歩きながら、トラストの森やサケマスふ化場を見学するコースをとることにします。

IMG_0789_R1.jpg
当日は見事な秋晴れ。 空気が澄んでいて白老の山並みがくっきりと見え、気持ちのいいスタートです。
この牧場は競馬や乗馬で活躍した馬たちが引退後に余生を送る牧場なんだそうです。 とても人なつこく柵越しに見ていると、こちらへ寄ってきて草を食んでいました。

IMG_0883_R.jpg

IMG_0792_R1.jpg
高速の高架下を歩きながらウヨロ川の中流域を目指します。 10分も歩かないうちにウヨロ川へ接続しました。

IMG_0793_R1.jpg
水面一面にサケが遡上してきています。

IMG_0803_R.jpg

IMG_0812_R.jpg
ズームは使っていません。 岸からすぐに生命の営みを見ることができます。

IMG_0804_R.jpg

IMG_0813_R.jpg

IMG_0802_R.jpg
川岸を遡って続くフットパス。 この日は何かのイベントがあったらしく、かなりの人が観察に訪れていました。

IMG_0816_R.jpg

このままウヨロ川岸をずっと遡るつもりだったのですが、イレスナイ川への分岐で曲がって先にふ化場を見ることにしました。 イレスナイ川に入ってきたサケはふ化場に誘導されて人工授精される事になるのでしょうか。

IMG_0823_R.jpg

IMG_0827_R.jpg

IMG_0828_R.jpg
イレスナイ川は水深が浅く、のたうつようにサケが遡っていきます。 力尽きて死んでしまう個体は自分の遺伝子を残せませんが、死体は森へ還り他の生命を育んでいくのでしょう。

IMG_0834_R.jpg

IMG_0835_R.jpg
ふ化場への導入口

IMG_0838_R.jpg

IMG_0839_R.jpg
祝日だったので、稼働している様子はありませんでした。
ふ化場を抜けてトラストの森へ入っていきます。

IMG_0840_R.jpg

IMG_0841_R.jpg
9/14に熊の目撃情報があったようです。

IMG_0842_R.jpg
しばらく歩くと・・・

IMG_0844_R.jpg
冒頭で書いたウヨロ川周辺の環境整備をされている、NPO法人ウヨロ環境トラストが造っている里山が見えてきました。

IMG_0846_R.jpg
なにやら面白そうな施設が

IMG_0848_R.jpg
管理されている方に聞くと登ってもいいと言う事でした。 親切に環境整備事業の事を説明していただき、ウヨロ川周辺の自然情報も教えてくれました。

IMG_0849_R.jpg
BBQもできる(゚д゚)!

IMG_0851_R.jpg
色々な施設を造成中。 汲み取り式だがトイレもあるとのこと。 今のところ水は持ち込まなくてはならないが、これからどんどん整備されていくのでしょうね。 来年も訪ねて確認してみたい。

小屋を後にして、またウヨロ川を目指します。

IMG_0854_R.jpg

IMG_0855_R.jpg
メムと呼ばれる湧水池からの流れでしょうか。

IMG_0856_R.jpg

IMG_0860_R.jpg
ふたたびウヨロ川へ出た。 さきほどふ化場へ分岐した地点からは3~4㎞上流になるだろうか。

IMG_0861_R.jpg

IMG_0863_R.jpg
この辺ではサケの姿はずいぶんと減っていた。

IMG_0864_R.jpg
大きな石がゴロゴロした河原で、Dayキャンプなんかに良さそう。 日陰ポイントがあるし、河原横まで車で乗り付けられるのでアクセスもいい。

IMG_0869_R.jpg
陽が高くなってきて気温も上がり汗がじわっとにじんでくる。 お腹も空いてきたので駐車場を目指します。

IMG_0872_R.jpg
大きなハルニレの木

IMG_0879_R.jpg
また魚影が濃くなってきた。

IMG_0880_R.jpg
水鳥が狙うのは卵なのだろうか・・・・サケの死体には目もくれない。

IMG_0881_R.jpg
間近でこれほどの数のサケの遡上を見られるとは思わなかった。 そういえば、NPO法人の方が今年は例年よりもサケの数がかなり多いと言っていました。 岸辺に降りて観察していると、産卵の瞬間も見られるしウヨロ川はすばらしいですね。 水しぶきが顔に掛かってしまうほどの距離なので、魚体の躍動感がダイレクトに伝わってきて感動することひとしおでした。

サケの遡上は11月末くらいまで続くそうですので、まだ見てない方は行ってみてはどうでしょうか、白老は温泉もいいし、美味しい店もいっぱいありますよ!



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


より大きな地図で ウヨロ川 フットパス を表示



category: 地域情報

tag: ウヨロ川  フットパス   
tb: 0   cm: 1

鵡川町 ラーメン秀来  

ししゃもの時期ですね。 ししゃもと言えば鵡川。
今の時期に鵡川に行く人はししゃもを食べると思いますが、ラーメンも美味しい店がありますよ。
行ったのは今年の春なんですけど、ししゃもの時期だし鵡川ネタでもどうかなと。

IMG_0587_R.jpg
町の中心部の路地裏にあります。
周囲には飲み屋なんかもあるので、夜になればちょっとした繁華街になるのかも。

IMG_0592_R1.jpg
カウンター席だけの小さいお店です。 地元のお客さんでいっぱいでした。

IMG_0588_R.jpg

IMG_0591_R1.jpg
天塩らーめん 730円
この店の売りみたいで、自然でやさしい味わいのスープです。
ちょっとパンチに欠けるかなっていう気もしたんですけど、食べているうちにどんどんスープを飲んでいました。
チャーシュー3枚も嬉しい(^-^) ロース部分でしょう、とても柔らかかったです。

IMG_0590_R.jpg
正油らーめん 730円
醤油が加わった分、こちらのほうが旨みが強い。 醤油ラーメンが好きというだけかもですが(笑)

もし・・もしですよ?
鵡川に今時期に行って、ラーメンが食べたいなと思ったら、ここです。
ちなみに千歳にあるらーめん周のご主人はこちらで修行されたそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村



関連ランキング:ラーメン | 鵡川駅






category: 道内グルメ

tag: 鵡川町    秀来 
tb: 0   cm: 0

白老町 温泉ホテル 和秀  

IMG_0179_R.jpg
白老町は竹浦駅から少し山側に入ったところにあります。 お隣の富士の湯温泉ホテルとは親族関係らしく、源泉もそこからの引湯となっているそうです。 入湯料は300円と非常にお安い。

IMG_0180_R.jpg
宿泊施設としてしっかり機能している様子で、学校関係者が記念に書いていった寄せ書きの色紙が壁一面に貼られていました。 ゲームセンターや売店もあります。

IMG_0181_R.jpg

IMG_0182_R.jpg
ほぼ無色透明のアルカリ性単純温泉で、白老らしくとろりとしたぬめりのあるお湯です。 味はわずかに塩味が感じられる程度。
浴槽内の温度は高め・・・・というかこの日はピリピリ痺れるような感じがするほど高温でした。 後でフロントで聞いてみたら前日にあった地震の影響で源泉の温度が一時的に上がったのではないかとの事でした。

IMG_0183_R.jpg
露天の方はお湯がたまっていません。 内風呂の浴槽からオーバーフローでお湯がはいってくる構造になっていたんですが、まったく溢れでてくる感じではなかったですね。 どうも変だなと思って内風呂をじっくり観察しますと、源泉から内風呂へ入る湯量はすごい勢いなのに、オーバーフローの管および浴槽からお湯が溢れる様子がないのです。 はて(・・?
絶対に変です。 内風呂の浴槽内を探りますと、どうも2つある排水栓のうちの1つが閉まっていません(笑) たまるわけがないですね。 というか、栓が1つ抜けているのに内風呂の湯量が維持できているのがすごい((´∀`))
着替えてフロントに行くのも面倒くさいので、露天は次回のお楽しみという事で。


この温泉をネット検索すると、お湯を循環しているという記事が数件見つかります。 今回来たのは、今年(2012年)の夏なのですが、どこかの時点で源泉かけ流しになったのでしょうか。 正面玄関にもフロントにも源泉かけ流しと謳ってありました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


より大きな地図で 温泉ホテル 和秀 を表示

category: 地域情報

tag: 白老町  温泉ホテル和秀  虎杖浜温泉   
tb: 0   cm: 0

白老町 ポロト温泉  

IMG_0705_R.jpg
ポロト温泉はポロト公園内の湖畔にある日帰り温泉専門施設で、入湯料は400円です。
近隣にはポロトコタンやポロト自然休養林があり散策やウォーキングの後に汗を流す人も多そう。 休養林のさらに奥にはポロトの森という巨木や季節毎の花を楽しめ、キャンプもできるとても大きな公園施設もあります。 公園内には清流が流れ動植物の観察スポットが点在しているので、自然観察の好きな方にはお勧めしますよ。
IMG_0708_R.jpg
脱衣所

IMG_0709_R1.jpg
いわゆるモール泉と呼ばれる泉質で、茶褐色であり温泉成分が湯の中に浮いています。 白老の温泉は大部分がぬるぬるしたお湯なんですが、私が入った中ではぬるぬる度はここが一番高いです。 まるで天然ローションの湯に浸かっているような感じがします。
PH8.8のアルカリ性単純泉の湧出温度は47.5℃で加水なしの源泉かけ流しなので、1つしかない内風呂の浴槽内は温度が高め。 体感で42℃くらいはありそうな。 お湯の質は白老でも一番好きなのですが、この高温のお湯のために湯舟に長く入っていることが出来ず、つい違う温泉に行ってしまう事もしばしば。

IMG_0707_R.jpg
脱衣所の隣に休憩所風な場所があるので、のぼせてきたらここで休憩をしてまた湯に浸かる人が多いです。

IMG_0713_R.jpg
ここの窓からはポロト湖がすぐです。

IMG_0710_R.jpg

IMG_0711_R.jpg
ポロト温泉は浴場のカランも休憩所にある洗面台からも温泉が出てきます。 最初にここに来た時に髪をすすいでいて、なんかいつまでたってもぬるぬるしていてシャンプーが落ちないなと思っていたら、そういう事でした(笑)

IMG_0715_R.jpg
休憩所
缶ビールも売っています。

白老らしいまさに白老温泉を代表すると言っていいくらいの泉質で、間違いなく数ある白老の温泉の中でも上位に入ると思います。 個人的にはもうちょっと湯温が低ければ言うことないんですけどね(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


より大きな地図で ポロト温泉 を表示

category: 地域情報

tag: 白老  ポロト温泉 
tb: 0   cm: 0

栗山町 大鵬  

小林酒造を見学した帰りに寄って来ました。

IMG_0698_R.jpg
日曜日の11時30分くらい。
すでに行列が(・・;)
前に並んでいたグループがテーブル席待ちという事で、5分ほど待ってすぐに案内されました。

IMG_0699_R.jpg
味噌ラーメンを好んで食べないのだけど、並んでいる間に店内から聞こえてくる注文は「ネギみそね!」「ネギみそチャーシュー」←こればっかり。
全部みそ味の注文ばかりで、食べログのレビューチェックでもネギみそを推す声が多い。
ネギみそラーメン800円と醤油ラーメン650円を注文。
味噌味を頼むのは何年振りだろうか・・・記憶にないくらい昔。

IMG_0701_R.jpg

IMG_0703_R.jpg
白髪ネギの太い感じのネギが山盛りで、辛味調味料が振りかかっています。 ネギのみ口に入れると結構な辛さ。 なんとなくアジアンテイストな感じで、酢とかナンプラーを使っているのかな?
スープが熱々で、辛味もあるので汗かきな自分は顔中にどっと汗が吹き出す。 後から席に着く人も全員ネギみそを頼んでいます。 もうこの店のメニューはネギみそだけでいいんじゃないだろうか(笑)

IMG_0700_R.jpg
半分ほどネギみそを食べたところで、嫁の醤油と交換。
う~ん。 にんにくが強烈です。 生のにんにくおろしでも入っているかのような、尖ったにんにくの風味。
スープの味的には良く言えばワイルドなんだけど、私的には乱暴で雑な味と感じました。 おそらく塩を食べても同じ感想になっていると思います。

大鵬さんは何と言うか・・・味噌ラーメンだけが美味しいラーメン店の典型だと思いました。
味噌ラーメンで不味いラーメンってあんまり食べたことがないんですよね。 というのも味噌という調味料って豚汁や油味噌なんかに代表されるように脂との相性が抜群にいいし、素材それ単体ですでに美味しいからだと思うんですよ。
あと味噌に感じるのは隠蔽力の高さでしょうか(笑) ぶっちゃけ、スープがいい加減でも味噌を入れればなんとか食べられるラーメンになっちゃうみたいな・・・そんな力が味噌にはあると思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連ランキング:ラーメン | 栗山駅


category: 道内グルメ

tag: 大鵬  栗山町 
tb: 0   cm: 0

千歳市 パレットの丘  

千歳市の丘陵地帯にあるパレットの丘にはじめて行って来ました。

IMG_0682_R.jpg
花はまったく知識がないので、このひまわりがどういう品種なのかはわからないのですが、高さは成人男性の膝から腰くらいでした。 背丈くらいまで伸びる夏のひまわりとは違うみたいです。

IMG_0690_R.jpg
Web上にあるプロの方が撮った写真だと、広大な範囲が一面ひまわり畑という印象を受けますが、そこまで大した事はないです(笑) 美瑛なんかの景色を想像するとがっかりするので、過大な期待は禁物。

IMG_0687_R.jpg

IMG_0691_R.jpg
ひまわりの群生を見るとソフィア・ローレンが主演した映画「ひまわり」を思い出します。 1970年公開の古い映画ですが、主題曲は当時の日本でもヒットしたそうなので、内容は知らなくても音楽は聞いたことがある人はいるかも。



とても美しい主題曲で映画の内容もすばらしいで、お勧めしたいのですが、残念ながら苫小牧市ではレンタルしている所はありませんでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


より大きな地図で パレットの丘 を表示

category: 地域情報

tag: パレットの丘  ひまわり  ソフィア・ローレン 
tb: 0   cm: 0

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア