苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

空沼岳  

IMG_2791_R1123751.png

8/31に空沼岳に登ってきました。
どんだけ、ブログ更新さぼってんだって話ですね。 ま、あんまり読者もいないし、まったりゆっくり更新ってことで。

この日の天気予報では札幌南区辺りは夕方から雨とのことだったので、頂上まで行って下山途中で雨に振られるという脳内山行予定で8時くらいから登山開始。
空沼岳はその名の通り山の中に沼が二つあり、登山道からは清流が常に見られる清涼感のある山で札幌近郊ではとても人気のある山だそうです。 なんと夏山シーズン中は登山口付近までバスも運行しているらしい。

IMG_2793_R1123751.png
出発地点

IMG_2799_R1123751.png
空沼岳のことを別名、泥沼岳とも登山者が言うとは自宅に帰って改めて空沼岳の登山ブログなども検索してからのこと。 ここのところずっと天気は悪く雨が多かったせいもあるのでしょうが、登山道は粘土質で、そもそも沢や沼があることから常にこのような泥濘んだ状態が多いのかもしれない。
ずぼっと足首くらいまで足を取られることも多く、いかに防水仕様の登山靴だとて足首まで泥に嵌ってしまうと、段々と浸水してきてまう。

ぶっちゃけこの山は長靴で来たほうがいいんじゃなかろうか。 それくらい全工程に渡って泥々でした。

IMG_2801_R1122145.jpg

IMG_2816_R1123751.png

IMG_2803_R1122145.jpg

IMG_2804_R1122145.jpg
ほんとうに水の多い山で気持ちがいいです。 これは人気があるのも頷けます。 泥々だけど(笑)

IMG_2822_R1122145.jpg
滝っぽい急流は随所に見られ、変化に富む景色は登山者を飽きさせません。

IMG_2827_R1123751.png
10時30分ころに万計沼に到着。
そして、沼に到着と同時に雨が降り出しました。 山の上の沼に降る雨なんて風情があっていいものです。

IMG_2829_R1123751.png
万計沼のほとりには万計荘という、このくらいの標高の山にしてはとても立派な山小屋がありました。 軒先を借りて雨合羽を着込んで上を目指します。 雨脚が強いので電子機器は全てジップロックに入れてザックの中にしまいましたので、ここからの画像はありません。

合羽を着てしまえば、まだ8月末だし頂上まで問題ないと思ったのですが、この先は30分と歩かずに撤退することになりました。 先行して登っていた人達も続々と登頂を諦めて下山してきていました。 合羽を持たない人はもちろんなのですが、それ以上に道がダメです(笑) もう、ほんとの泥沼状態で、靴の中が完全に浸水してしまうのは目に見えています。 靴の中が濡れるとやる気なくなりますよね。

結局は山小屋の軒先で茶を沸かして、万計沼に降る雨を見ながら早目の昼食を取り下山することにしました。 帰りの登山道は雨水が流れ、ちょっとした沢下り状態。 途中で雨の中を登山していく人とすれ違いましたが、長靴を履いておられました。 プロだなと思いました。
スポンサーサイト

category: 登山・トレッキング

tag: 空沼岳 
tb: 0   cm: 2

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア