苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

樽前ガロー 湧水池  

私が知っている苫小牧市内にある湧水地3ヶ所のうち、最後に紹介するのは樽前ガローの奥で樽前山麓南側へ入る林道の入口にあります。

IMG_0189_R.jpg

樽前山麓はいたる所で水が湧出していて、そのまま汚染されることなく清流が太平洋へと流れ出ているそうです。
苫小牧というと工業都市というイメージがあると思うのですが、清流が多く森も深い自然が豊かな都市だと思います。 しかし行政側の自然環境の整備や啓蒙は、あまり予算も掛けていなくしかも下手です。 追々ブログでも紹介したいですが、樽前ガローなんかは水流があるなしの違いこそあれ、お隣の千歳市側にある苔の洞門とまったく同じ地形です。 苔の洞門はかなり前に落石の危険があるため入口を眺めるだけのものとなっており、今日ではガローの方が観光地としての価値は高いと思うのですが、存在さえあまり知られていなく観光客の姿を見ることはほぼありません。 苔の洞門は今夏1度行って来ましたが、駐車場に大型バスなども止まっていて、管理棟から洞門へ続く道は観光客がたくさん歩いていました。

IMG_0188_R.jpg

話がずれたので元に戻します。
上の案内板によると、実に色々な湧水を由来とする沢が流れています。 林道から入った森林は水源涵養保安林というものに指定されているらしい。

IMG_0184_R.jpg
塩ビ管でどこかから水が引かれています。 案内板によると水飲の沢という沢がこの近くに流れているので、おそらくその沢から引いているのではないでしょうか。

IMG_0185_R.jpg

誰かが人工の池を造ったようです。 水草やレンガ筒が置かれていて、魚が一匹飼われて?いました。

IMG_0186_R.jpg
水草には小さな白い花が咲いていました。

IMG_0187_R.jpg
今晩の焼酎の割り水をもらっていきます。 ここの湧水が水飲の沢から引かれているのだとすると、湧出してからある程度の距離を流れているためでしょうか、水温が植苗有珠の沢と比べると少し高めです。
ぬるいという事はないですが、スイカやビールを冷やすにはちょっときついかなというくらい。 今年はお盆を過ぎても夏の気配が続き日中の気温が高いせいでしょうが、これから秋も深まれば身を切るような冷たさになるんでしょうね。


より大きな地図で 樽前ガロー 湧水池 を表示

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

category: 地域情報

tag: 樽前ガロー 
tb: 0   cm: 0

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。