苫小牧周辺の自然と食べ物

主に胆振管内の自然とB級グルメ情報

口コミグルメサイト[食べログ]

オロフレ山登山  

前回はものすごいガスのため中止したオロフレ山に9/23に登って来ました。 当日の天気予報はずっと晴れ。
山なんでガスは付き物だけど、前回みたいに視界が10m程度という事はないでしょう。



オロフレ山は標高が1230.8mですが、登山口で既に標高918mあるので標高差が312mとお手軽なハイキングコースです。 お手軽なわりに標高は高く、山頂からの眺望は支笏湖から洞爺湖まで見渡せるそうなので人気のある山です。

IMG_0613_R.jpg
スタート地点。

IMG_0614_R.jpg
最初は潅木のアーチを抜ける登山道。 本格的な急登に入るまでは、結構目線の高さに枝がせり出している箇所が多いので頭をぶつけそうになります。

IMG_0615_R.jpg

IMG_0617_R.jpg
ガスで~す(TOT) この後もガスは切れたりかかったりを分単位の周期で繰り返していました。

IMG_0622_R.jpg

IMG_0624_R.jpg
荒々しい岩肌や登山道すぐ横の崩落した谷間。

IMG_0636_R.jpg
ケルンのある平坦な場所から山頂が見え始めます。

IMG_0626_R.jpg

IMG_0629_R.jpg
本格的な登りに入ると登山道は岩がゴロゴロしていますが、動く岩や石はないので危険は感じなかった。 とても登り易いですね。

IMG_0628_R.jpg
登ってきた稜線を振り返る。

IMG_0630_R.jpg
1時間30分で登頂しました。 いつもバテバテになる嫁の体力でも余裕で、標準的体力の男性なら1時間切るんじゃないかな。 山頂ではいつも昼食を摂るんですが、まだ午前10時ほどだったのでコーヒーとおやつだけにしました。

IMG_0633_R.jpg
OZOのオレンジピール入り食パンのクリームチーズと蜂蜜がけ
昼食メニューだったんですけどね・・・0.5枚だけ食べておやつという事で。

IMG_0635_R.jpg
山頂からの眺望は洞爺湖方向が見えただけでした(´;ω;`)ブワッ 僅かに見える中島。

30分ほどまったりして下山します。 これから登山する人達と20人以上すれ違いました。 みなさん登山時間がわかっているのでしょうね、山頂でお昼をとるにはいい時間です。

とにかく楽でした(笑) 眺望が見られなかったのでまた来年きたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ










スポンサーサイト

category: 登山・トレッキング

tag: オロフレ山 
tb: 0   cm: 0

有珠山ハイキング  

2012/09/02はオロフレ山に登る予定で苫小牧の自宅を08時くらいに出発。 天気予報では登別・壮瞥地方は曇でした。 オロフレ山は標高こそ1230mですが、登山口がすでに900m↑であり、標高差は300m強と難易度は高くありません。 苫小牧~登別は霧雨が降る天気だったのですが、オロフレ峠を登っていくうちに晴れてきまして、これはいい眺めが見られそうだと思っていたのですが・・・・・。

IMG_0271_R.jpg

IMG_0272_R.jpg
出ました、ガスです。 2号線からこの登山口へ向かう分岐まで晴れていたんですよ!? 分岐点からこの地点の標高差は感覚的に20~30mというところでしょうか。 たったそれだけの差で雲の中に突入し、しかも強風で車外に出るとTシャツでは寒いくらいです。 本当に山の天気ってわからないですね。
しばらく待ちましたが晴れる気配もないし、このガスの中で眺望もなく、強風の中を山頂で弁当を食べる気にもなれなかったので急遽有珠山登山に変更しました。
有珠山については何も調べていませんでしたが、低山で観光道路なども整備されていると知っていたので、昼食後に登山開始で問題はないだろうという算段でした。

IMG_0273_R.jpg

IMG_0275_R.jpg

IMG_0276_R.jpg
オロフレ峠を洞爺側へ降り、昼食まで善光寺にお参りしてきました。

IMG_0281_R.jpg

IMG_0283_R.jpg

IMG_0288_R.jpg

IMG_0285_R.jpg
紫陽花の盛りは過ぎていたものの、まだまだ綺麗に咲いていました。

IMG_0287_R.jpg

IMG_0289_R.jpg
露店があったので、古刹を愛でながら甘味など。

IMG_0290_R.jpg
昼食の弁当を善光寺の裏手にある公園で済ませて、登山口へ向かいます。

IMG_0293_R.jpg

IMG_0296_R.jpg
展望台まで2.6km

IMG_0297_R.jpg

IMG_0298_R.jpg

IMG_0303_R.jpg

IMG_0321_R.jpg
登山道は幅が広くよく整備されていて、ガレ場やザレ場もなく勾配のある箇所はロープが張られているという親切設計で、下草も刈られており非常に歩きやすい。 ほとんど広葉樹の森林なので木漏れ日が差し込み、非常に明るい。
今夏から夫婦で始めた登山の中でも一番難易度は低いのに、なんとここで嫁がまさかのギブ。 「蚊に刺されて痒い~」とか途中で言っていたのですが、どうやら相当な数刺されたらしく、どうもそれがストレスになって歩調を狂わせ、彼女のもともと大した事がない根性を打ち砕いたのでしょう。
仕方ないので下山させます。 登山道は今までにないくらい整備されて危険な箇所もないことから一人で下山させました。 許せ、嫁よ。

IMG_0305_R.jpg

IMG_0306_R.jpg
嫁と別行動になってからは快調に飛ばします。

IMG_0307_R.jpg

IMG_0308_R.jpg
ベンチは途中に何箇所も設置されていて、しかも綺麗です。

IMG_0312_R.jpg
外輪部に取り付くとすぐに噴火口が見えました。

IMG_0311_R.jpg

IMG_0317_R.jpg
振り返ると内浦湾が一望でき、小さな入り江がいくつも見えます。

IMG_0314_R.jpg
外輪山を周って見たかったのですが、先に下山した嫁を待たせるのも酷な気もしたので、今回はここで下山する事にしました。 最高標高に到達しなかったので、今回のブログタイトルは登山ではなくハイキングにしています。

IMG_0322_R.jpg
偶然だとは思いますが、クワガタがやたらいました。 あと、苫小牧の森では聞かないセミの鳴き声が、ちょっと新鮮でしたね。 なんで苫小牧ってセミがいないんだろ?

下山すると景気の悪い顔をした嫁が、車内で凍ったペットボトルで刺された箇所を冷やしていました。 確かに登山時に顔や腕にまとわりついてくる虫はイライラします。 やぶ蚊は服の上からでも平気で刺してきますから、何か対策を立てないとダメかもしれませんね。 スズメバチだと命にもかかわるので、リムーバーや軟膏も必要なのかも。

帰りはオロフレ山の山頂付近にまだガスが掛かっているか確認したかったのと、カルルス温泉には行ったことがないので、また来た道を引き返してオロフレ峠を登っていきます。
オロフレ山頂付近はまだ雲がかかっていて、おそらくは1日中ガスっていたのではないでしょうか。 後日ネットで調べてみると、夏期の太平洋側にある山は非常にガスがかかりやすいとの事でした。

IMG_0323_R.jpg
カルルス温泉街に入ってすぐのオロフレ荘で汗を流すことにします。 日帰り入浴500円。

IMG_0324_R.jpg

IMG_0325_R.jpg
湯気でレンズが曇るので、浴槽は一部のみ。 芒硝泉と言うそうで、ほぼ無色透明なのですが、泉質は高次元なものを感じます。 5つの浴槽は温度がそれぞれ違っていて、好みに合わせて入ることができ、ぬるめの浴槽はいつまででも入っていられそうなくらいな温度設定でした。

IMG_0326_R.jpg
苫小牧に着いたら自宅へは戻らず、記事は前後してしまいましたが炭火焼肉GUZUへ直行。 グビッと飲ったらコンデジをスライドショーにしてニヤニヤとモニターを眺めながらカルビを食いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ












category: 登山・トレッキング

tag: 有珠山  オロフレ山   
tb: 0   cm: 0

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

記事につけたタグがハッシュタグになるツイートボタン

アクセス数

フリーエリア

フリーエリア